カテゴリー「58.琉球弧の精神史」の1323件の記事

2018/09/26

具志川島5B層の集骨

 いまなら風葬と呼ぶ5B層の集骨。

Photo

 これは苧麻トーテム段階で、あの世が発生した初期であることを示している。これらの骨も苧麻あるいは苧麻の化身態を表すはずだが、うまく視線をチューニングできなくて、まだ見えてこない。もしかしたら、長骨が茎を、下顎骨が葉を表現した苧麻植物そのものなのかもしれない。骨は壁際に乱雑に置かれていると報告されているが、そうなのではない。まず、個体別に置かれていないのは、この段階では、集団の「わたしたち」は一体だからである。

 乱雑に置かれているわけではないのを、よく示すポイントがある。

Focus_2

 ヤセイモとおぼしいとされている貝製品には、目を惹きつけられる。

Yaseimo

 これはハジチの右手首の五つ星、つまり、霊魂としての「蝶」とよく似ているのだ。

Haziti

 ここに貝製品に添わせるように置かれた骨の部位を参照させる。

Photo_2

 いちばん近いのは、女性右手の尺骨なのだ。ハジチで蝶が描かれるのは、右手尺骨頭部に他ならない。この骨製品は、女性の尺骨を意識してそばに置かれているのである。

 この骨と貝製品は、苧麻段階でハジチが発生したというぼくたちの考えを補強して余りある。

 貝製品のそばの他の骨をみれば、尺骨は女性骨で、橈骨は男性骨なのかもしれない。また、膝頭(チンシ)の骨も霊魂の部位とみなされたと思える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/23

古我地原貝塚の遺構

 苧麻トーテム段階にある古我地原貝塚の遺構。

Photo

Photo_2
(『古我地原貝塚』)

 目は粗いが、4つの場を想定しておく。

 黄:スデルわたしたち
 緑:この世にいるわたしたち
 赤:あの世に帰るわたしたち
 青:この世に現れるわたしたち

7

 メタモルフォーゼの場は、西端にある第7号遺構だと考えられる。

 そして、この遺構の形態は、この貝塚でほとんどを占めるキバウミニナの口と触覚ではないだろうか。

 cf.「キバウミニナの口」(MAD CREEPER)

Photo_3

 また、「この世にいるわたしたち」を示すのは、遺構4~7号を包むように検出されているピット群だと思える。この穴は、泥地に刺さるヒルギの根あるいは育ち始めた芽ではないだろうか。

 古我地原貝塚は、土器の大半が奄美系であることでも知られる。奄美から渡ったヒルギトーテムの島人が作った貝塚なのかもしれない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/22

喜界島崩リ遺跡の遺構2

 崩リ遺跡には次の段階の遺構も残されている。それは、「竪穴状遺構」と同じ場所にある。

Sk

 「土坑」と呼ばれる遺構は、「竪穴状遺構」の近くに、小さめに展開されている。「竪穴状遺構」が干瀬だとすれば、これは干瀬にできる水溜まりのような窪みで、ヤトゥと呼ばれている場だと思える。

 生命があふれる場をはじめ干瀬に見出す。サンゴ礁の発達は、次に、干瀬の窪みを見出させることになった。潮が引けば、ここには残された魚や貝がいることになる。そこに生命の源泉を見たのだ。

 しかし、「土坑」ばかりではない。同時期には、もうひとつ「溝状遺構」と呼ばれるものも検出されている。

Sksd

 これは、バリ、クチなどと呼ばれる、干瀬の割れ目で、縁溝を指すと思える。クチは、寄り物の寄ってくる重要な場だ。クチをつたって生命はやってくる。ヤトゥと同時に、島人はそこに生命の源泉を見出した。

 サンゴ礁トーテムは、場そのものがトーテムとなっているが、それは「あの世」=「トーテム」を意味している。そして、この世は、あの世の写しであることが遺構に示されている。これは後段になれば、あの世はこの世そっくりと変形されて言われることになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/21

喜界島崩リ遺跡の遺構1

 喜界島、手久津久の崩リ遺跡の遺構。まず、「竪穴状遺構」と呼ばれているものについて。

Sh

 これは、宮古島アラフ遺跡と同じサンゴ礁トーテムの段階にあると考えられる。

 この遺構の分布が示すのは、遺跡すぐ近くにある、イノーなく迫った干瀬だ。

 地図は現在の干瀬であり、削られた面もあって、どの個所に対応しているのかを判断するのは難しい。が、このどこかなのだ。

 その意味は、色で区分してみた。

 黄:スデルわたしたち
 緑:この世にいるわたしたち
 赤:あの世に帰るわたしたち
 青:この世に現れるわたしたち

 貝は遺構からは検出されず、代わりに動物遺体が出ている。起点と考えられるSH15でいえば、ウツボ科、アオブダイ属、ブダイ科、クジラ類、である。

 また、アラフ遺跡と同じく、「スデルわたしたち」は二か所、近接して構築されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/20

宮古島アラフ遺跡の遺構3

 アラフ遺跡から出土した貝斧は、それぞれの貝と部位が調べられている。

2_2
(「沖縄考古学ニュース - 沖縄県立博物館・美術館」2009)

1
1

 ヒレジャコの右殻放射肋。

2
2

 オオジャコあるいはヒレナシジャコの右殻後背縁部(ちょうつがい部)

3
3

 オオジャコあるいはヒレナシジャコの放射肋部。

4
4

 オオジャコあるいはヒレナシジャコの左殻後背縁部(ちょうつがい部)
(『アラフ遺跡調査研究Ⅱ』)

 土器をつくることなく、石器も希少にしか出ないとしたら、宮古の島人は、別のものにトーテム表現を求めたことになる。それは、貝斧だ。しかも、土器でも石器でもないとしたら、貝斧は男女両方に伴われたことになる。そうだとしたら、貝斧には男女の性が当てられているはずだ。

 ここで貝斧の多くを占める蝶番部を使ったものが女性。アラフ遺跡でセットで出ることになった放射肋を使ったものが男性と見なせる。シャコガイのふたつの殻をつなぐ蝶番部を持つのは女性。男性は女性の一部だから、放射肋部が男性だ。

Photo_2

 A:蝶番部
 B:放射肋部
 (山極海嗣「宮古・八重山諸島先史時代における文化形成の解明 : 遺跡属性と生態資源利用の地域間比較を通した文化形成の考察」)

 そこで、1と3は男性。2と4は女性ということになる。シャコガイがその他の二枚貝の殻と同じ意味を持つとしたら、左殻を使った4が、右殻を使った2に対して年長ということにもなる。並んで揃えられた2~4のシャコガイはオオジャコあるいはヒレナシジャコとされている。これが同一の種類であれば、2~4は兄弟姉妹関係であるのかもしれない。

 この4つの貝斧が示すのは、同一母の兄弟姉妹と、近親の男性(たとえば従兄)だとしてみる。添えられた枝サンゴは、3と4の子に当たるかもしれない。

 これは、直接的には兄弟姉妹とその子であるとともに、兄弟姉妹婚禁止前に苧麻人からサンゴ礁人へメタモルフォーゼした始祖であるという意味を持つのではないだろうか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/19

宮古島アラフ遺跡の遺構2

 Ⅳc層にはいくつかの集石が見られる。

C

 このうち、円礫のみで構成される23号集石は、「スデルわたしたち」というメタモルフォーゼの場と考えられる。

 この23号集石の近くには、4点の貝斧と1点の枝サンゴが寄せられていた。

23
(「沖縄考古学ニュース - 沖縄県立博物館・美術館」2009)

 考古学者は、これを「貝斧埋納遺構」と呼んでいる。この貝斧と枝サンゴはどう理解できるだろうか。これは、あの世へ「送る」場なのか、それとももうひとつのメタンルフォーゼの場なのか。

 この貝斧と枝サンゴは、籠のようなものに入れられて砂に埋められたと推定されている。
 
Photo_2
(江上幹幸「宮古島アラフ遺跡のシャコガイ製貝斧と利器」)

 集石と貝斧のあいだには55cmほどの高低差があり、貝斧が低い位置にある。籠状のものに入れられたとすれば、凹みのなかにあり、その意味では、「あの世へ帰るわたしたち」を表現していても不思議ではない。しかし、石灰岩や貝でそれを表現している6号集石に対して、貝斧と枝サンゴは形態が特別だ。

 低い位置に置く。それは植物で編まれた繊維状の容器のなかに揃えられる。揃えられた貝斧と枝サンゴは、こうしてみれば、苧麻からサンゴ礁への移行のメタモルフォーゼを示しているのかもしれない。

 スデルわたちたちを表現している23号集石の10cm程度の掘り込みと貝斧容器の「最低8cm」(『アラフ遺跡調査研究Ⅱ』)の深さは近似する。

 この貝斧と枝サンゴは、苧麻からサンゴ礁へのメタモルフォーゼを表現し、それを埋め、そのあと、23号集石を構成してサンゴ礁トーテムとしてのメタモルフォーゼを改めて表現したと見なすこともできる。層の下部以外に途中でもメタモルフォーゼ表現が見られる例に、平敷屋トウバル遺跡がある。

 遺構と新城海岸のサンゴ礁の対応にいえば、貝斧の遺構は、陸に近い方の位相を持つ。それは、苧麻からサンゴ礁への視線の移行を示すものとも考えられる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/18

宮古島アラフ遺跡の遺構1

 宮古島アラフ遺跡のⅤc層からⅣb層までの遺構を並べてみる。

Photo
(『アラフ遺跡調査研究Ⅰ』より抜粋)

 これは何を示しているのか。各層を重ねてみる。

2

 こうしてみると分かるのは、これがアラフ遺跡のある新城海岸沖のサンゴ礁であるということだ。

 Ⅳb層の貝出土下層・上層面は、いちばん北の大きな二つの干瀬、Ⅴb層の3号土坑は、ふたつの干瀬手前にある穴のように干瀬の抜けた個所、竪穴遺構は、その右側に連なる長い干瀬を指している。

 彼らは長い時間をかけて干瀬を描いているのだ。サンゴ礁トーテムである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/25

具志川島岩立遺跡西区5B層の人骨と貝

 5B層で出土した人骨と集骨個所の貝とを対応させてみる。調査ではこの人骨は、(男性:6、女性:3、小児:1.、幼児:1)ということが分かっている。

 女性貝(1人当り)
 1.アマオブネ(1個+α)
 2.タカラガイ(完形か殻頂で、2個)
 3.マガキガイ(完形か破片)
 4.ムカシタモト、フトスジムカシタモト(完形か殻頂+α、あるいはマガキガイと同じ考え方かもしれない)
 5.チョウセンサザエ(破片20)
 6.チョウセンサザエの蓋(50個)
 7.コシダカサザエ(2個)
 8.オニノツノガイ科+ヒモカケセコバイ(2個+α)
 9.ニシキウズガイ科+オオウラウズ(2個)
 10.イヘヤタメトモマイマイ(4個)
 11.イトマキボラ科、ミツカドボラ(1個)
 12.アッキガイ科(2個)
 13.ユキノカサガイ科(2個)
 14.オオベッコウガサ(2個)
 15.タマガイ科(完形か殻頂1個)
 16.シマベッコウバイ、ヒメホラダマシ、ハイイロヨフバイ(完形か殻頂か破片1個)
 17.ヒザラガイ(破片4個)
 18.ネジガイ、タマキビ科(完形か殻頂1個)
 19.パイプウニ(破片1個)
 20.オハグロガキ(3個)
 21.リュウキュウマスオ(2個)
 22.エガイ、ソメワケグリ、イソハマグリ、リュウキュウシラトリ(どれか1個)
 23.シャコガイ(破片1個)

 男性貝
 1.イモガイ(破片含めて1個)
 2.マガキガイ(殻頂1個)
 3.チョウセンサザエ(殻頂3個)
 4.チョウセンサザエの蓋(10個)
 5.リュウキュウヘビ、アツキクスズメ、シラヒゲウニ、ミナミクロフジツボ(どれか1個)

 小児幼児女性貝
 1.アマオブネ(1個)
 2.タカラガイ(殻頂か破片1個)
 3.マガキガイ(破片1個)
 4.チョウセンサザエ(破片2個)
 5.チョウセンサザエの蓋(2個)
 6.イヘヤタメトモマイマイ(1個)
 7.ユキノカサガイ科(殻頂1個)
 8..エガイ、ソメワケグリ、イソハマグリ、リュウキュウシラトリ(どれか1個)

 小児幼児男性貝
 1.イモガイ(破片含めて1個)
 2.マガキガイ(破片1個)
 3.チョウセンサザエ(殻頂2個)
 4.チョウセンサザエの蓋(2個)

 単純なシミュレーションだが、同じ考え方で、非遺構、サザエ蓋集中、灰土のチョウセンサザエの蓋数を考えてみる。

 非遺構
 女性15個×12人+男性3個×13=219個。発掘は217個だが、採掘により削り取られた面がある。

 サザエ蓋集中
 女性1人相当、50個。発掘は37個。採掘により削り取られた面あり。

 灰土
 発掘9個。女性2個、男性1殻頂になる。しかし、少なくとも女性1人は成人であり、シラナミを持つので重要な存在だったはずだ。この場合、灰土そのものを50個相当の蓋を見なせばいいのかもしれない。

 ここで、5B層の貝塚人の人数を復元すると、
 
5b

 となる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/24

具志川島岩立遺跡西区人骨の位相

 まず、12層で出現するチョウセンサザエの蓋収集を見てみる。チョウセンサザエの殻は、破片で散らばっている。

Photo
(『具志川島遺跡群』)

 蓋は、焼けていない白色と褐色に焼けているもの、黒-灰色に焼けたものに分かれている。

Cs

 これは苧麻トーテム段階で、色のついたものが取れると、白い色になる貝が苧麻の化身態と捉えられたのと位相同型をなすと思える。たとえば、シレナシジミ、ソメワケグリ、イソハマグリだ。

Photo_2

 これを踏まえて人骨の出土した5B層を見たい。

5b

 この人骨と近くのチョウセンサザエの蓋は焼かれていない。

5b_2

 代わりに、集骨の両端に、焼け具合いが違って見える焼土がある。

 これは、12層のチョウセンサザエの蓋の焼けの段階化と同じことが考えられている。苧麻、ということだ。

 このうえで、近くの岩立遺跡の人骨を見てみる。

Photo_3
(片桐千亜紀、小橋川剛、島袋利恵子他「具志川島岩立遺跡出土人骨の再整理--焼けた骨の存在から見た葬法に焦点をあてて」「沖縄埋文研究紀要 」2007年)

 ここで「乾燥骨」は白い。「焼骨」は黒や黒褐色。「火葬骨」は灰白色に見える。人骨は、解剖学的位置を保たず、また乾燥、焼骨、下層骨に、性別や年代による際立った差異は見られない。

 これも西区の貝や人骨の出た5B層と同じ思考だと思える。

 トーテムが苧麻であることを示しているのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/23

具志川島岩立遺跡西区の位相

 具志川島岩立遺跡の各層について、メタモルフォーゼの位相を探ってみる。

 24層

 壁際にふたつの焼石遺構。凹状かマウントかは記述がないが、画像からは凹状に見える。貝の構成は明らかに苧麻貝だから、チョウセンサザエとしての苧麻貝を送ったように見える。

 12層

 チョウセンサザエと蓋としての苧麻人。
 イヘヤタメトモマイマイを送る。蓋を送り、蓋を迎える。

2412

 9層

 イヘヤタメトモマイマイとしての苧麻人。
 サメザラ、イモガイ等を送り、イヘヤタメトモ、リュウキュウマスオを迎える。

 7層

 チョウセンサザエと蓋としての苧麻人。
 蓋を迎える。

97

 6層

 チョウセンサザエとしての苧麻人。
 蓋を送り、蓋を迎える。

 5B層

 チョウセンサザエと蓋としての苧麻人。
 蓋を迎える。

 5A層
 チョウセンサザエとオオウラウズを迎える。

65

 これからは貝塚を形成した集団の違いでもあれば、時間推移のなかで見た、苧麻トーテムのなかでも小さなメタモルフォーゼの推移ではないだろうか。

 あの世への「送り」とあの世からの「迎え」は、壁際か否か、凹状かマウント状かで判断した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

0.プロフィール | 1.与論島クオリア | 2.与論・琉球弧を見つめて | 3.与論の地名 | 4.奄美の地名 | 5.琉球弧の地名 | 6.地域ブランドをつくる | 7.小説、批評はどこに | 8.島尾さんの作品 | 9.音楽・映画・絵画 | 10.自然の懐 | 11.抒情のしずく | 12.祖母へ、父へ | 13.超・自然哲学 | 14.沖永良部学との対話 | 15.『しまぬゆ』との対話 | 16.奄美考 | 17.『海と島の思想』 | 18.『ヤコウガイの考古学』を読む | 19.与論砂浜 | 20.「対称性人類学」からみた琉球弧 | 21.道州制考 | 22.『それぞれの奄美論』 | 23.『奄美戦後史』 | 24.『鹿児島戦後開拓史』 | 25.「まつろわぬ民たちの系譜」 | 26.映画『めがね』ウォッチング | 27.『近世奄美の支配と社会』 | 28.弓削政己の奄美論 | 29.奄美自立論 | 30.『ドゥダンミン』 | 31.『無学日記』 | 32.『奄美の債務奴隷ヤンチュ』 | 33.『琉球弧・重なりあう歴史認識』 | 34.『祭儀の空間』 | 35.薩摩とは何か、西郷とは誰か | 36.『なんくるなく、ない』 | 37.『「沖縄問題」とは何か』 | 38.紙屋敦之の琉球論 | 39.「島津氏の琉球入りと奄美」 | 40.与論イメージを旅する | 41.「猿渡文書」 | 42.400年 | 43.『奄美・沖縄 哭きうたの民族誌』 | 44.「奄美にとって1609以後の核心とは何か」 | 45.「北の七島灘を浮上させ、南の県境を越境せよ」 | 46.「奄美と沖縄をつなぐ」(唐獅子) | 47.「大島代官記」の「序」を受け取り直す | 48.奄美と沖縄をつなぐ(イベント) | 49.「近代日本の地方統治と『島嶼』」 | 50.「独立/自立/自治」を考える-沖縄、奄美、ヒロシマ | 51.『幻視する〈アイヌ〉』 | 52.シニグ考 | 53.与論おもろ | 54.与論史 | 55.「ゆんぬ」の冒険 | 56.家名・童名 | 57.与論珊瑚礁史 | 58.琉球弧の精神史 | 59.『琉球列島における死霊祭祀の構造』 | 60.琉球独立論の周辺 | 61.珊瑚礁の思考イベント | 62.琉球文身