カテゴリー「58.琉球弧の精神史」の1157件の記事

2018/02/22

貝塚の貝とトーテム

 ここで考えたいのは、貝塚時代の各段階でのトーテム思考だ。

Photo_2

Photo_5

 アトランダムに挙げると、

・マガキガイは、前1期から愛好されている。
・他界が発生する前の前1~2期でヤコウガイが多いのは、与那国島のトゥグハマ遺跡を思い出させる。
・シャコガイは、前2期にトップ3に入り、以降上位に上がらない。もちろん、このデータは名護の大堂原と古宇利島から得られたものだから地域特性を反映している。しかし、トーテム化したシャコガイは、食べられる対象として積極的に選ばれていないのは確かだ。
・キクザル類は、前2期から前4期中葉までトップにある。これはトーテムの影響を受けていないと考えられる。

 現段階でトーテムの影響が分かるのは、前4期後半の「オキナワヤマタニシ」で、これは苧麻トーテムにより陸の貝が呼び寄せられたためだと考えられる。

 もうひとつは、前4期後半から干瀬のチョウセンサザエや内湾のチュウキュウマスオ、イノーのマガキガイが浮上してくることで、これは前5期のサンゴ礁トーテムを先取りしたものだと思える。

 後1期のアラスジケマンは、おそらく蟹トーテムの影響だ。 
 

『琉球列島先史・原史時代における環境と文化の変遷に関する実証的研究: 研究論文集』

58.琉球弧の精神史 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/21

古我地原貝塚のキバウミニナ

 古我地原貝塚からは多数のキバウミニナが出土している。

キバウミニナ類は、成熟すると螺旋方向の成長を停止し、殻の表面は常に低質を這うために腹面が磨滅して行く。(『古我地原貝塚』沖縄県文化財調査報告書 第84集)

 這うだけではなく、牙のような歯舌を持つ。この貝は、蛇貝あるいはトカゲ貝と見なされたのではないだろうか。

Photo_4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/20

集石遺構と陸産貝類

 住居址の集石遺構を挙げてみる。

 1.伊是名貝塚 前4期 構成礫は、チャート、砂岩、石灰岩の角礫
 2.吹出原遺跡 前5期 調査者は竪穴住居址と想定
 3.ヌバタキ遺跡 前5期 構成礫は、石灰岩角礫
 (安座間充「縄貝塚時代集石遺構集成」「沖縄埋文研究 : 紀要」)

 1の伊是名貝塚では、土坑の上層で、オキナワヤマタニシの割合が極端に高くなっている。

 貝塚時代中期の知場塚原遺跡では、住居跡内貝層の上部に陸産貝類が多いことが分かっている(黒住耐二「伊是名貝塚の貝類分析」)。

 ということは、オキナワヤマタニシは、陸の貝トーテムとして選ばれているということだ。住居は、拡張された死者だから、死者同様にあの世へ送ったということだ。

 伊是名貝塚の場合、土坑の下層は貝で、上層がオキナワヤマタニシだということは、他界に山が加わったことを意味するのではないだろうか。

 これは、サンゴ礁がトーテムとなった前5期の思考の産物だと思える。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/19

「伊是名貝塚の貝類分析」(黒住耐二)

 伊是名貝塚は、前4~5期に属すると考えられる。

 オキナワヤマタニシとオキナワウスカワマイマイの2種が優占。黒住は、「食用ではなかった」と考えている。

 イソハマグリ 1200個体
 マガキガイ 350
 アマオブネ 200
 チョウセンサザエ 120

 食料としての貝の選択性が高い。

 潮間帯岩礁域では、イソハマグリが極端に多い。似た貝は採られず、選択性が高い。アマオブネ、ニシキアマオブネも多い。アマオブネ類はオカヤドカリの宿貝が多いが、食用として選択性が高い。

 アマオブネは肉は食べず、ニシキアマオブネは食べるという利用形態が考えられる。ニシキアマオブネは2/3がオカヤドカリの宿貝。これは、この段階で伊是名では、ヤドカリがトーテムになっていたことを意味するだろうか。

 それとも、アマオブネ-海、ニシキアマオブネ-陸とみなして、アマオブネを食べたということだろうか。

 リュウキュウヒバリやカサガイは著しく少ない。これは、ヤドカリ・トーテムになっていないことを示している。

 イノーはマガキガイ。沖縄で出土の多いシャコガイ科はシラナミとヒレジャコのみ。

 チョウセンサザエが多い。チョウセンサザエはわざわざ殻が割られている。

 イソハマグリとチョウセンサザエが多いのは、貝=サンゴ礁(前5期)の段階を示唆するように思える。

 貝類の資源量が内湾やマングローブのほうが多いかもしれない。黒住はここで面白いことを書いている。

 つまり、沖縄の貝塚時代の人々は、意図的に資源量が少ないかも知れないサンゴ礁域に固執して遺跡を立地させていたと言えよう。

 これはとりもなおさず、立地やあり方をトーテムに似せるためだと考えられる。

 オキナワヤマタニシが食用ではないのは、これが苧麻に相当する貝と考えられていたからだと思える。苧麻は食べないからだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/18

宮古島アラフ遺跡の貝溜まり遺構

 宮古島のアラフ遺跡からは、貝溜まりが出ている。

 チョウセンサザエ(50%):干瀬
 サラサバテイ(36%):礁斜面
 シャコガイ類(4%):イノー
 クモガイ(2%):イノー
 ギンタカハマ(1%):礁斜面
 スイジガイ(1%):イノー

 この貝溜まりは、Ⅳb層とアラフ遺跡のなかでは、古い層に入るが、干瀬の貝が優占している。

 一方、アラフ遺跡から採集された貝殻は、潮間帯岩礁のものがほとんどである。

 この貝殻と貝溜まり遺構は、宮古島において、貝=サンゴ礁の段階を示唆するものではないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/17

「ナガラ原東貝塚の貝類遺体」(黒住耐二)

 前5期、後1期 チョウセンサザエ(20%)、サラサバテイラ、マガキガイ(PU資料)。ミドリアオリ、リュウキュウヒバリ(30%、WS資料)。

 後1期 チョウセンサザエ↘、マガキガイ、シラナミ類↗。イシダタミアマオブネ、ミドリアオリ、リュウキュウヒバリ↗(60%、WS資料)。

 後2期 シラナミ類、マガキガイ、サラサバテイラ(60%)。

Photo

 前5期のチョウセンサザエ、マガキガイは、干瀬と砂浜を象徴している。後期のシャコガイ科は、胞衣としてのイノー、言い換えれば、貝としてのサンゴ礁。また、後2期になって、イシダタミアマオブネ・ミドリアオリ・リュウキュウヒバリは、ヤドカリの貝という意味を担ったと考えられる。宿貝という意味ではなく。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/16

「貝類遺体からみた奄美・沖縄の自然環境と生活」(黒住耐二)

 用見崎遺跡 7世紀 後1期 イノーの発達が悪い
 ナガラ原遺跡 6~8世紀 前5期~後2期 300mのイノー

 食料としての貝類資源

 用見崎遺跡 岩礁潮間帯中・下部 リュウキュウヒバリガイ、アマオブネ、上部 コウダカカラマツ、遺跡全体からヤコウガイ

 ナガラ原東 リュウキュウヒバリガイ、アマオブネ、シャコガイ、サラサバテイラ。外部からカメノテ、シレナシジミ。

 黒住は書いている。

貝塚時代後期になり利用海産貝類の大小2型の明確化が存在するとすれば、ゴホウラやヤコウガイ等の交易品の貝類採集に付随したサラサバテイラやシャコガイ類等の大型貝類採集が増加したということも充分想定される。この大型貝類採集の増加は、基本的にサンゴ礁海域の遺跡で明瞭であり、内湾や河口干潟の小形の貝類を中心としている遺跡では、当然ながら明瞭ではない。

 まだ明確な判断はできないが、この時期の貝は、蟹トーテム、ヤドカリトーテムと位相同型の貝が選ばれている。それ以外は、居住域の自然が恵むものに依拠している。前5期を経て、サンゴ礁を地母神とする観念を背景に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/15

「貝類遺体からみた遺跡の立地環境と生活」(黒住耐二) 2

 マツノト遺跡。

 ヤコウガイが多いが、シラナミも比較的多い。
 非白砂の上層:マダライモ、リュウキュウヒバリ(外洋-サンゴ礁側潮間帯)、マガキガイ
 白砂下部:ハナマルユキ、シラクモガイ等の干瀬のもの、礁斜面のヤコウガイやサラサバテイラ
 別の白砂層:干瀬のツタノハ(同じサイズの岸川潮間帯に生息するコウダカカラマツは1個体も得られていない)

 巨視的にみれば、白砂層では干瀬の礁斜面の中・大形貝類を中心に、上部の層ではマダライモやリュウキュウヒバリ等の岸側潮間帯の小形種を主に利用している。

 上部の包含層:アマオブネ、マダライモ等のイモガイ類、リュウキュウヒバリが欠ける。

 マツノト遺跡近く、同時期の安良川遺跡。岸側潮間帯のアマオブネ、コウダカカラマツ、リュウキュウヒバリ優占。イノー内のマガキガイ、ハナマルユキも多い。

 岸側潮間帯の小型貝類が多い。

 沖縄の後期では、マガキガイ、チョウセンサザエ、サラサバテイラ等が優占。中城湾に面した平敷屋トウバル遺跡では、イソハマグリと河口干潟のアラスジケマンという二枚貝が優占。イノーの発達した具志堅貝塚でもイソハマグリ優占。

 ぼくたちが探りたいのは、後期のトーテム、蟹、ヤドカリに対応する貝は何かということだ。
 上記の貝たちを振るいにかけると、

 ミナミオカガニ:
 ミナミスナガニ、ツノメガニ:マダライモ、マガキガイ、アマオブネ、イソハマグリ
 ベニシオマネキ:アラスジケマン
 オウギガニ:ハナマルユキ、シラクモガイ、ヤコウガイ、サラサバテイラ

 ヤドカリ:リュウキュウヒバリ、コウダカカラマツ、ツタノハ

 ミナミオカガニへの対応が分からないが、上記の貝を確かめていくことになる。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/14

「貝類遺体からみた遺跡の立地環境と生活」(黒住耐二)

 ほんの一部だけ着目するが、黒住耐二は、マツノト遺跡とナガラ原東遺跡では、遺跡周辺には現在生息していないシレナシジミが複数個体確認されていると指摘している(「貝類遺体からみた遺跡の立地環境と生活」)。

 もっとも近いシレナシジミの生息域は、奄美大島では住用川河口、伊江島では本部半島。伊江島では対岸の本部半島にわたって、奄美大島では調節採集も考えられるが、他の河口干潟の貝類が全く確認されてなから、貝殻だけ持ち込んだ可能性も考えられる。

 琉球列島では、他にもシレナシジミが生息していない島の遺跡からの出土が確認されている(たとえば津堅島)。

 シャコガイに化身すると考えられたシレナシジミも、トーテム化していたわけだ。

 マツノト遺跡は、後1期に属する。つまり、シレナシジミのトーテム化は、ベニシオマネキがトーテムだった段階に対応するのではないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/13

「沖縄・先島諸島の石器石材の流通とその評価」(山崎真治)

 奄美は入ってないものの、沖縄と先島を分離した研究ばかりなので、通貫した考察自体がありがたい(山崎真治「沖縄・先島諸島の石器石材の流通とその評価」「月刊考古学ジャーナル」2013)。

 石器の組成では、沖縄、先島ともに「剥片石器」が少ない。

Photo

Photo_2

 グラフの見方はおそらく、

 ・黒:剥片石器
 ・灰:石斧
 ・白:礫塊石器

 だと思われる。

 沖縄にしても先島にしても重視されたのは、石斧の表現だった。ただ、沖縄では、後1期以降、石斧の表現は減る。対して、先島では石斧の表現自体は続くが、石器自体が無土器期になると減少する。

 石器石材の産地は、沖縄においては、北部が、先島では石垣島、西表島がその役を担っている。それは、それぞれがトーテムセンターだったことを示唆している。

Photo_3

Photo_4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

0.プロフィール | 1.与論島クオリア | 2.与論・琉球弧を見つめて | 3.与論の地名 | 4.奄美の地名 | 5.琉球弧の地名 | 6.地域ブランドをつくる | 7.小説、批評はどこに | 8.島尾さんの作品 | 9.音楽・映画・絵画 | 10.自然の懐 | 11.抒情のしずく | 12.祖母へ、父へ | 13.超・自然哲学 | 14.沖永良部学との対話 | 15.『しまぬゆ』との対話 | 16.奄美考 | 17.『海と島の思想』 | 18.『ヤコウガイの考古学』を読む | 19.与論砂浜 | 20.「対称性人類学」からみた琉球弧 | 21.道州制考 | 22.『それぞれの奄美論』 | 23.『奄美戦後史』 | 24.『鹿児島戦後開拓史』 | 25.「まつろわぬ民たちの系譜」 | 26.映画『めがね』ウォッチング | 27.『近世奄美の支配と社会』 | 28.弓削政己の奄美論 | 29.奄美自立論 | 30.『ドゥダンミン』 | 31.『無学日記』 | 32.『奄美の債務奴隷ヤンチュ』 | 33.『琉球弧・重なりあう歴史認識』 | 34.『祭儀の空間』 | 35.薩摩とは何か、西郷とは誰か | 36.『なんくるなく、ない』 | 37.『「沖縄問題」とは何か』 | 38.紙屋敦之の琉球論 | 39.「島津氏の琉球入りと奄美」 | 40.与論イメージを旅する | 41.「猿渡文書」 | 42.400年 | 43.『奄美・沖縄 哭きうたの民族誌』 | 44.「奄美にとって1609以後の核心とは何か」 | 45.「北の七島灘を浮上させ、南の県境を越境せよ」 | 46.「奄美と沖縄をつなぐ」(唐獅子) | 47.「大島代官記」の「序」を受け取り直す | 48.奄美と沖縄をつなぐ(イベント) | 49.「近代日本の地方統治と『島嶼』」 | 50.「独立/自立/自治」を考える-沖縄、奄美、ヒロシマ | 51.『幻視する〈アイヌ〉』 | 52.シニグ考 | 53.与論おもろ | 54.与論史 | 55.「ゆんぬ」の冒険 | 56.家名・童名 | 57.与論珊瑚礁史 | 58.琉球弧の精神史 | 59.『琉球列島における死霊祭祀の構造』 | 60.琉球独立論の周辺 | 61.珊瑚礁の思考イベント | 62.琉球文身