カテゴリー「58.琉球弧の精神史」の1253件の記事

2018/06/19

新原貝塚の貝類

 沖縄島南部の新原貝塚の貝類を見てみる。

Photo

Photo_2

 優先する貝でいえば、マガキガイからイソハマグリへの交替として言うことができる。ふたつともヤドカリ段階を想定させる。

 サラサバテイラとヒメジャコに注目してみれば、7、8層ではサラサバテイラが多いが、5、6層では逆転する。これが端的に示すのは、7、8層がコモンヤドカリ段階であるのに対して、5、6層はムラサキオカヤドカリ段階ではないかということだ。

 男性性の強いマガキガイがコモンヤドカリ段階で1位で、女性性の強いイソハマグリがムラサキオカヤドカリ段階で1位になる理由はよく分からないが、大事なことを示唆しているに違いない。チョウセンサザエの蓋が、チョウセンサザエを継続して上回っていることも同様だ。

 あるいは、ムラサキオカヤドカリ段階でのイソハマグリは稲作の開始を示唆しているのかもしれない。

 土器編年では、7、8層は大当原期、6層がアカジャンガー、5層がアカジャンガーからフェンサ下層式とされている。しかし、貝類が示すのは、すでに次の段階へ移行しているということだ。オウギガニ段階で優占するクモガイは、4つの層とも10個体もない。
  


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/18

『奄美・沖縄諸島 先史学の最前線』

 『奄美・沖縄諸島 先史学の最前線』を興奮しながら一気に読んだ。このところずっと探究していることではあるので、新しく得られたことについて備忘する。

 もっとも刺激を受けるのは、ハブログループのM7a1について。M7a1は、縄文相当期にあたる時代から九州から沖縄に広く分布していたが、石垣島の白保竿根田原洞窟遺跡でも、4000年よりも新しい時代のサンプルからM7aが検出されている。

 M7a1が「八重山に起源を持つというのは想定しにくいので、やはり沖縄本島から八重山へヒトの流れがあったと考えざるを得ない」。「最初期の集団は東南アジアや南アジアから到達したものの、彼らは現代まで子孫を残すことはなく、やがて沖縄本島からやって来た集団が居住するようになったというシナリオが見えてくる」(篠田謙一「DNAからみた南西諸島集団の成立」)。

 現在進めているトーテムによる編年でも、奄美・沖縄と宮古・八重山は、トーテムとして選んだ動物の種類が異なることがあるとはいえ、似た精神文化を持ったと言えるので、この結果は心強さを覚える。当たり前にも思うけれど。

 ハプログループからは、貝塚時代後期には「現代の沖縄の人々に占める割合は約8割になる」。「つまり、貝塚時代後期には、すでに現在の沖縄で多数を占めるハプログループは存在していたということになる」。「弥生時代から平安時代にかけての数百年の歴史の中で、南西諸島に本土日本から徐々にハプログループD4を主体とする人々が流入し、在来の集団に吸収される形で人口を増やしていったというシナリオが見えてくる」。

 どうやら後期の母系社会化は、本州弧から移住してきた人々との交流を契機にしているようだ。

 また、同じく後期からはハプログループB4も検出されている。これは台湾では太平洋に面した先住民に多い。オーストロネシア語族の主体となったのもこのグループだ。「このハプログループは古代の交流によって南方から南西諸島にもたらされたと考えることもできる」。

 さて、新里貴之が木下尚子の提示した図を改編して挙げている。
Photo_10

 「貝交易」の年代は、なかなか頭に入らないので、新里の書いている土器を大雑把に対応させてみる(新里貴之「貝塚時代後1期の土器文化」)。

Photo_12

 オオツタノハを除いて、これをトーテムに当てはめれば、カニ段階では、ゴホウラ・イモガイが半々くらいで、ヤドカリ段階でイモガイの比重が増えることになる。これは、ゴホウラ・イモガイがカニの化身に対応し、イモガイがヤドカリの鋏の化身であることに対応している。トーテムの視点からみれば、島人はあくまでトーテムの化身態を採集している。

 小湊フワガネク遺跡からは、ホシレンコ(テーヌユ)が多数確認されている(高梨修「タイ釣りをする古代人」)。赤いタイ、ホシレンコは、コモンヤドカリの化身魚であるわけだ。

 しかし何といっても最大の驚きは、与論から「約5000年前の室川下層式土器と判断される遺物が採取された」(呉屋義勝・南勇輔・竹盛窪「与論の遺跡について」)。確実だとしたら、トカゲ・トーテム段階のものか、シャコガイ段階の島人が持っていたものという可能性が高い。そしてどちらの段階の島人がいたとしても不思議ではない。貝塚の発見が待ち遠しい。


『奄美・沖縄諸島 先史学の最前線』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/17

蛙から蝶への化身 2

 「井戸ヌパタヌ子蛙誦言」について、もう少し詰めてみる。

 井戸ヌパタヌ アブダーマ
 パニバムイ トゥブケー
 バガケラヌ生命(イヌチイ) 島トゥトゥミ アラショウリ

 蛙が蝶に化身するとするなら、両者は同じ位相にあると考えられたはずだ。
 何が同じなのだろうか。蛙は、井泉(カー)にいるのだから、境界点に位置することになる。生と死の結び目だ。
 それなら、蝶も境界点にいることになるはずだ。

 こう考えると、思い浮かぶのは花だ。シャコガイは、後代には花へと変形される。それはもともと花がシャコガイの化身植物と考えられていたからだということになる。蛙と蝶は境界点にいるものとして同じ位相にある。

 蛙は蝶を食べる。これは、蝶が蛙にメタモルフォースすると言ってもいい。それならこの古謡が元に戻ることを歌っているなら、蛙は蝶になることになる。

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/16

蛙から蝶への化身

 西表島の「井戸ヌパタヌ子蛙誦言」でいちばんよく分からないのは、蛙が蝶に化身するということだ。

 井戸ヌパタヌ アブダーマ
 パニバムイ トゥブケー
 バガケラヌ生命(イヌチイ) 島トゥトゥミ アラショウリ

 しかし、これはどうやら、どちらもシャコガイ・トーテムの化身態ということではないだろうか。

Photo

 蛙は、「井戸のそば」にいる。井戸とあるが、これは井泉のことだ。つまり、水源にいる。水源にいる生き物が注視されたのは、境界点の発生を担ったシャコガイ・トーテムの段階だ。

 貝では、カワニナなどが化身態と見なされるように動物では、蛙がそうだと考えられた。シャコガイの二枚の殻と口の開閉は、翅を閉じたり開いたりする蝶に似ている。蝶もまたシャコガイの化身態だった。

 他の節では、シレナシジミがシャコガイに化身するように、海の生き物へと化す。この節だけが蝶、なのだ。これはよく分からないが、空は海とは本質的に区別されていなくて、陸→海と陸→空は同等に捉えられていたということではないだろうか。

 重要なのは、蝶が霊魂の形姿と見なされる前に、人間と蝶のつながりも見出されていたということだ。人間と蝶は、シャコガイの化身態として同じ位相にあったのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/15

揚殿遺跡の貝類

 沖永良部島揚殿遺跡の貝類は、個体数がカウントされていないので、貝類名称のみを挙げる。

Photo_3

 ・マガキガイ、レイシガイ類、オニノツノ、コオニコブシ -鋏
 ・ニシキウズ、サラサバテイラ、チョウセンサザエ、ヤコウガイ -腹部
 ・チョウセンサザエ、ヤコウガイの蓋 -頭部
 ・マダライモ -眼

 この貝類は、ムラサキオカヤドカリを示している。

遺跡の立地であるが、砂丘地では無く内陸部赤土台地上である。この遺跡立地は、これまでの兼久式土器の遺跡立地(第 31図)と相違する。しかし、前述した通り沖縄諸島の事例とは類似し、川嶺辻遺跡も同様の立地である。(鼎丈太郎「揚殿遺跡出土のくびれ平底土器の位置付け」)

 この砂丘から内陸部赤土台地上までの範囲は、ムラサキオカヤドカリの棲息地に対応していると思える。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/14

オオハマボウの圧痕

 喜界島南部の先山遺跡から出土した兼久式土器の接地面には、木葉圧痕がある。

Photo

 この図を見ただけでは分からないが、報告書にはこう記されている。

11-17は全て,塞形土器の底部片で, 11, 12, 13, 16の接地面には木葉が圧痕される。使用した木葉は,オオハマボウでこの種の土器に一般的に見られる。また, 14, 15では,その痕跡よりサンゴ状のものを敷いたと思われる。 12,13, 16等の底部の形状は,南島でくびれ平底と呼ばれる。(「先山遺跡 喜界町埋蔵文化財発掘調査報告書(1))。

 土器の接地面の圧痕は、これらが胞衣の位相にあることを示している。

 ユウナの葉 - サンゴ - 胞衣

 サンゴ礁は胞衣であり、サンゴ礁の化身態としてユウナの葉もあるわけだ。ユウナの葉はトイレットペーパーでもあった。

 (胞衣-子)=(ユウナの葉-糞)

 ここには、胞衣が子を包むように、ユウナの葉が糞を包むという思考が見られる。

 それがなぜ兼久式土器、つまりムラサキオカヤドカリの段階で出現するのか、分からない。ユウナの花は、黄色に咲き、夕刻に赤みを浴びて散る。この男性性から女性性への移行がどこかで関係しているのかもしれない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/13

宮古島長墓遺跡の貝類 2

 宮古島長墓遺跡のトレンチ1で最下層の7層の貝類を「取り上げる。

71

72

 これも1層と同じく苧麻トーテムの化身貝たちだと言える。長墓遺跡は、苧麻トーテム貝塚である。

 不思議なのは年代で、放射性炭素年代測定では、7層が約4000年前、1層は約2500年前と出ていることだ。7層は、下田原期にあたり、1層は無土器期になる。

 7層が無土器期とすれば、八重山ではトカゲトーテムであり、苧麻トーテムとは大きく隔たる。また、北琉球でもまだ貝トーテム段階であり、それとも矛盾する。

 しかし、貝類からみる限り、7層から1層まで苧麻貝なのだ。 

 7層の長墓遺跡の島人は、八重山の集団とは異なっている。北琉球の島人とも異なる。貝トーテムの島人のなかで、北琉球から宮古へ訪れた島人という可能性はあるかもしれない、7層について、放射性炭素年代の測定をもう一度やってほしいところだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/12

宮古島長墓遺跡の貝類 1

 宮古島長墓遺跡の貝類。トレンチ1の1層を取り上げる。

2

1

 目を引かれるのは、ヒザラガイだ。1層の貝類は、苧麻トーテムのものだと思えるが、これまで見てきた苧麻トーテム段階の貝と異なるのは、ヒザラガイが上位にあることだ。苧麻の葉の形の類似が捉えられていると考えていい。

 ヒザラガイのみなしは特徴的だけれど、宮古島の刺青を眺めてきたぼくたちには既視感がある。これは、左手甲に描かれることが多い「握り飯」の素材に当たる。(参照:「琉球弧の「針突き(tattoo)」デザイン」

 刺青の発生は苧麻段階に根拠を持つのだから、「握り飯」デザインもここに淵源をみていいことになる。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/11

名蔵貝塚の位相 3

 名蔵貝塚にしても典型的なシオマネキ段階を示している。

2_3

1_3

 Ⅴ層についていえば、ベニよりもハクセンシオマネキの方を想起させる。はっきりベニを示すのは、サラサバテイラだろうか。

 オウギガニが意識され始めているのは、シャコガイ族の構成比が、0.9%から6.7%に増加することに象徴されている。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/10

石垣島船越貝塚の貝類

 石垣島、伊原間のくびれにあるフナクヤー(船越)貝塚の貝類。

2_2

1_2

 シオマネキ段階の貝だけは明瞭な表情を見せてくれる。アラスジケマンだ。

 殻に赤みを認められるオオベソマイマイやベニシリダカには、ベニシオマネキ。ヒメジャコにはルリマダラシオマネキを見ることになる。オオベソマイマイの強いタテタテヨコヨコの模様は、シオマネキの腹部との類似が考えられている。(参照:「八重山のカタツムリ」

 ヤコウガイは、殻よりも蓋が重視されている。腹部への関心だ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

0.プロフィール | 1.与論島クオリア | 2.与論・琉球弧を見つめて | 3.与論の地名 | 4.奄美の地名 | 5.琉球弧の地名 | 6.地域ブランドをつくる | 7.小説、批評はどこに | 8.島尾さんの作品 | 9.音楽・映画・絵画 | 10.自然の懐 | 11.抒情のしずく | 12.祖母へ、父へ | 13.超・自然哲学 | 14.沖永良部学との対話 | 15.『しまぬゆ』との対話 | 16.奄美考 | 17.『海と島の思想』 | 18.『ヤコウガイの考古学』を読む | 19.与論砂浜 | 20.「対称性人類学」からみた琉球弧 | 21.道州制考 | 22.『それぞれの奄美論』 | 23.『奄美戦後史』 | 24.『鹿児島戦後開拓史』 | 25.「まつろわぬ民たちの系譜」 | 26.映画『めがね』ウォッチング | 27.『近世奄美の支配と社会』 | 28.弓削政己の奄美論 | 29.奄美自立論 | 30.『ドゥダンミン』 | 31.『無学日記』 | 32.『奄美の債務奴隷ヤンチュ』 | 33.『琉球弧・重なりあう歴史認識』 | 34.『祭儀の空間』 | 35.薩摩とは何か、西郷とは誰か | 36.『なんくるなく、ない』 | 37.『「沖縄問題」とは何か』 | 38.紙屋敦之の琉球論 | 39.「島津氏の琉球入りと奄美」 | 40.与論イメージを旅する | 41.「猿渡文書」 | 42.400年 | 43.『奄美・沖縄 哭きうたの民族誌』 | 44.「奄美にとって1609以後の核心とは何か」 | 45.「北の七島灘を浮上させ、南の県境を越境せよ」 | 46.「奄美と沖縄をつなぐ」(唐獅子) | 47.「大島代官記」の「序」を受け取り直す | 48.奄美と沖縄をつなぐ(イベント) | 49.「近代日本の地方統治と『島嶼』」 | 50.「独立/自立/自治」を考える-沖縄、奄美、ヒロシマ | 51.『幻視する〈アイヌ〉』 | 52.シニグ考 | 53.与論おもろ | 54.与論史 | 55.「ゆんぬ」の冒険 | 56.家名・童名 | 57.与論珊瑚礁史 | 58.琉球弧の精神史 | 59.『琉球列島における死霊祭祀の構造』 | 60.琉球独立論の周辺 | 61.珊瑚礁の思考イベント | 62.琉球文身