« 「トーテムとメタモルフォーゼ」第2回:蝶になる時とイザイホーの原像 | トップページ

2019/06/30

「トーテムとメタモルフォーゼ」第3回:苧麻・琉球芭蕉・アダンからサンゴ礁へ

  白熱してしゃべってしまった2回目の振り返りを、「野生会議99」の「あとのまつり」に書いた(「蝶になる時とイザイホーの原像」喜山荘一(第2回『トーテムとメタモルフォーゼ』・野生会議99企画つながるゼミナール④))。

 考えることを続けていると、発表の終わった後に気づくこともある。

 

 Photo_20190630132201

 具志川島岩立遺跡西区5Bの端にある「焼土3」は、「スデル(メタモルフォーゼ)場」だが、当日はこれを「ノカラムシの葉」と説明したものの、もしかしたらアカタテハの幼虫の食痕かもしれない。ここには貝が置かれていないので、何人のスデルが思考されたのか、不明だが、スデル場なのは間違いない。ただ、「葉」の形にしては雑なのが気になっていたが、別の貝塚で幼虫の食痕とはっきり分かる場を見つけた。もっともそこは「この世に現れる場」なのだが、「スデル場」にあっても不思議はない。

 次回、食痕と分かる貝塚には触れることができるが、それを含めて、2回目で説明した「植物トーテム―蝶」以外の対を挙げてゆく。その数は十前後になる。ただ、それでも貝塚で分かった範囲だから、琉球弧全体でみれば、さらにあるのは間違いない。気になる植物も蝶もまだまだあるのだ。

 考えてみれば、植物トーテムと蝶の結びつきがあるのは自然なことだ。蝶は、植物で育つのだから。

 そして次には「サンゴ礁トーテム」に入る。シャコガイ・トーテムで時空の起点を意識化したトーテム人は、時間のベクトルを意識化して植物人となり、その空間的な媒介として「あの世」を、時間的な媒介として「霊魂」を思考する。その次にくる「サンゴ礁トーテム」は、空間的な広がりを持つ場の意識化のことかもしれない。

 島人気質に決定的な影響を持ったサンゴ礁トーテムはどう考えられたのか、そのあまりにもダイレクトなさまを次回はお披露目できると思う。サンゴ礁に見とれることを始めた島人の物語だ。

 つながるゼミナール④ 「トーテムとメタモルフォーゼ(サンゴ礁の夢の時間)」第3回「苧麻・琉球芭蕉・アダンからサンゴ礁へ」

Tm3

 

|

« 「トーテムとメタモルフォーゼ」第2回:蝶になる時とイザイホーの原像 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「トーテムとメタモルフォーゼ」第2回:蝶になる時とイザイホーの原像 | トップページ