« 「トーテム-メタモルフォーゼ仮説の全体観とシャコガイからの出現」を終えて | トップページ | 「トーテムとメタモルフォーゼ」第2回:蝶になる時とイザイホーの原像 »

2019/06/02

『子どもではなく類縁関係をつくろう』(ダナ・ハラウェイ)の装丁図

 この本("Staying with the trouble")の装丁に目が行く。手と骨盤と背骨と思しき人骨が組み合されていて、糸巻きのぐるぐるで節がつくられている。そして上に乗せられているのは「蝶」だ。

Staying With the Trouble: Making Kin in the Chthulucene (Experimental Futures: Technologocal Lives, Scientific Arts, Anthropological Voices)

 これはぼくたちが貝塚のなかに目を凝らして見ようとしているものに似ている。もっとも、貝塚の場合、人骨は稀で、琉球弧では貝が主役を張る。「蝶」が象られた「製品」もあるが、稀なことだ。そして、装丁のなかでも人でないものが想像されているけれど、貝塚で表現されているのはトーテムだ。

 しかし、祖先とみなした特定の動植物や自然物が描かれているというだけではない。貝や土器や石器や、稀に人骨を含めて象られているのはトーテムなのだが、それは同時に貝塚を形成した人集団のひとりひとりを指している。それはトーテムであり、人なのだ。トーテム(霊)とつながるトーテム人である。

 貝塚人は、トーテムと類縁を感じる貝を食べる。貝はそのとき食べた人へとメタモルフォーゼする。だから、貝は人の元の姿である。貝は、人の分身だ。貝塚には、人、ではなく、主に貝が置かれる。人の元の姿は貝であり、その貝もまたトーテムへと還る存在である。ここには、人―貝―トーテムという関係がある。人とトーテムを結ぶ中間に貝があるから、貝塚に貝を置くことで、常にトーテムとつながることができる。それが貝塚の思考だと思える。

 人はトーテムの化身(メタモルフォーゼ)態だが、その中間には貝(や動物骨や石器、土器等)があるから、トーテム人は、人の向こうにトーテム霊を見るとはいえ、その手前に、貝で構成された身体を見ている(たとえば、カンギクは、チンシガイ(膝頭貝)と呼ばれる)。貝身体としての人だ。それが、ハジチ(ヤポネシアン・リュウキュウ・トライバル・タトゥー)でもある。貝塚に目を凝らしていると、どうもそのように考えられているように見えてくる。

 ダナ・ハラウェイの作品をまだ読んでいないが、「サイボーグ」や「伴侶種」は、ここでいう貝身体や分身というメタモルフォーゼ思考に近しいものを感じる。「子どもではなく類縁関係をつくろう」という宣言にしても、そもそもトーテムが類縁関係のなかで見出されているものだし、そこに「子ども」は排除されているのではなく、類縁関係の環のなかに「子ども」も入っている。

 「堆肥体」も分かる気がするが、「土」とともにあるだけではなく「石」でもあるから、メタモルフォーゼ思考のなかでいえば、やはりメタモルフォーゼ(化身)態と呼ぶものに近しさがある。

ところで、ラステンが朝食の席で発案したひとつのジョークなんですけどね、僕たちにあるのは人間性(human-ities)ではなく、腐植性(humus-ities)だね、って。(子どもではなく類縁関係をつくろう──サイボーグ、伴侶種、堆肥体、クトゥルー新世|ダナ・ハラウェイが次なる千年紀に向けて語る 」

 

 「人間性」の向こうの「腐植性」への着目は、「死の起源」以前へと視線を向かわせる。メタモルフォーゼ思考のなかでは、「腐植」もまたメタモルフォーゼ(脱皮、変態、スデル)の一過程のなかにある。

 何かここに近しきものがあるという感触がやってくる。

|

« 「トーテム-メタモルフォーゼ仮説の全体観とシャコガイからの出現」を終えて | トップページ | 「トーテムとメタモルフォーゼ」第2回:蝶になる時とイザイホーの原像 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「トーテム-メタモルフォーゼ仮説の全体観とシャコガイからの出現」を終えて | トップページ | 「トーテムとメタモルフォーゼ」第2回:蝶になる時とイザイホーの原像 »