« ウフタⅢ遺跡のベニワモンヤドカリ 2 | トップページ | 「貝塚後期文化の貝交易(藤尾慎一郎)」『ここが変わる! 日本の考古学: 先史・古代史研究の最前線』 »

2019/04/14

ミナミオカガニ段階の奄美大島住用・サモト遺跡

 住用のサモト遺跡の遺構は、オカガニ段階に見える。出土している土器が、サンゴ礁トーテム土器(カヤウチバンタ式、宇宿上層式、面縄西洞式)であることも、このことに矛盾しない。土器は前段階であることは多々ある。

 Photo_94

 遺構のデータは詳細が不足しているので、北側にある「6号遺構」に注目してみる。

 2_1

 「6号遺構」は「隅丸長方形」で、「他の部分より皿状に低くなっている」。この掘り込みの薄さは、ここがカニ人へのメタモルフォーゼーゼ(スデル)場であることを示唆している。そして、これはカニを表現しているのではないだろうか。カニの姿勢を分かるように置き直してみる。

 Photo_95

 土器片は茶、円形の「明赤褐色の焼砂」は薄く色をつけた。囲いのなかにカニがいるのが見えるだろうか。番号を振ったのは左右の脚だ。眼柄が伸びているので、ミナミオカガニだと思える。サモト遺跡Ⅲ層は、ミナミオカガニ段階にある。

 オカガニ段階では、海の岩礁が出現の母体になる。サモト遺跡の場合、それは近くの湖のような静けさの内海だ。「6号遺構」の囲いはこの内海を示している。

|

« ウフタⅢ遺跡のベニワモンヤドカリ 2 | トップページ | 「貝塚後期文化の貝交易(藤尾慎一郎)」『ここが変わる! 日本の考古学: 先史・古代史研究の最前線』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウフタⅢ遺跡のベニワモンヤドカリ 2 | トップページ | 「貝塚後期文化の貝交易(藤尾慎一郎)」『ここが変わる! 日本の考古学: 先史・古代史研究の最前線』 »