« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019/03/13

野国貝塚Ⅲ層の芭蕉トーテム

 奄美大島の嘉徳遺跡からは、芭蕉土器を知ることができても、メタモルフォーゼの場を知るのは難しかったが、野国貝塚のⅢ層にはそれがある。

 まず、琉球糸芭蕉のイメージを掴んでおく必要がある(cf.糸芭蕉)。

Photo

 これも石器の配置は、グリッドまでは分かるが詳細は不明なので、グリッド内は芭蕉になるように配置している。

 A2からB4まで下がっているのが偽茎。C4で放射状に並べたのが苞。右に突き出したのが雄花。雄花は石器では、ひとつだけ表現されている。その先端には「チャート製品」を添えた。雄花のふさふさだ。「チャート製品」はⅢ層から24点出ているがグリッドの詳細はない。しかし、報告書の図版には、ひとつの「チャート製品」に、「C3Ⅲ」と記されているので、雄花を表現したものだと考えられる。おそらくこの辺りに「チャート製品」は集中していたのではないだろうか。

 D2は「花序の先端」に当たる。雄花まで空白になるが、ここに紡錘形の花序を見ていたはずだ。オレンジの濃淡は、マガキガイの密度で、雄花の個所に集中しているのが分かる。マガキガイは、輝きを示している。

 E4、E5は葉に当たる。3点のうち2点は、どこに当たるとはっきり分からない。糸芭蕉をじっくり眺める必要がある。

Photo_3

 「花序の先端」をサラサバテイラで、「雄花」をマガキガイで表現している。土器はトカゲ土器(条痕文系)だが、Ⅲ層は植物トーテムを示している。それは、4460±70y.b.p.という測定とも符合している。平敷屋トウバルもそうだが、植物トーテムの表現には、しばしばトカゲ土器が使われるようだ。それは、トカゲの模様を示す土器の線状が、植物の繊維と似ているからだ。それは同時に、植物にはトカゲ・トーテム霊が入っていると考えられたことを示すのではないだろうか。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/12

野国貝塚Ⅳb層の蛇トーテム

 5950±95y.b.p.と測定されている野国貝塚のⅣb層は蛇トーテムの段階にある。

 貝は、破片がカウントされていないので、詳細が分からないが、石器が蛇へのメタモルフォーゼの場を示している。

2

 B5からA9にかけて、うねった蛇がいるのが分かる。グリッド間は2メートルあるので、図の石器は拡大させて表示させている。また、グリッド内での石器の位置や向きは報告されていないので、蛇の形に添うように配置している。

 石器は蛇の特徴がよく捉えられている。C4の「敲打器」は、ハブに見られる頭部下で皮膚が露出した個所を表している。A7の大きな「石斧」は、蛇の「肛板」。A7からB7にかけた稜のあるふたつの石器は「尾下板」だ。45度以内の角度で屈曲する場合は、丸味を帯びた石器が使われている。蛇(ハブ)の模様などをよく知れば、何を表しているかもっとわかるはずである。

 オレンジの濃淡は、報告書にあるマガキガイの密度だ。蛇に沿ってマガキガイも分布している。野国はマガキガイが圧倒的な貝塚だが、これをみると、マガキガイは蛇の放つ光を示しているのだと思える。

 気になるのは、A8にぽつんとある球形の石器で、これは「卵」を示している。約6000年前は、トカゲにトーテムが移行する直前に当たる。不死が綻びを見せるトカゲのとき、人はなぜ脱皮による生の反復に不全を認めるようになるのか、まだ分からないが、そこに「卵」がかかわっていると思える。脱皮をするだけではなく、卵から出現するということが意識化されつつある。それは、トカゲへの移行にかかわっているのではないだろうか。

 蛇段階のメタモルフォーゼの場を、野国ではじめて見つけた。他では得られない資料かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/04

平敷屋トウバルのオカガニ・トーテム

 平敷屋トウバルのⅤ層からは、「竪穴住居跡」が検出されている。

Photo_5

 トーテムの眼でみれば、これは住居跡ではない。Ⅴ層からは貝も豊富に出土していて、幸いなことに「竪穴住居跡」は区別されてカウントされている。その構成をみると、オカガニ段階にあるのが分かる。

 オハグロガイとオキナワヤマタニシが鋏、イソハマグリが腹部の主な化身貝になっている。女性は21人、男性は6人とカウントされる。この遺構下部には9つのピットも検出されている。その構成からいえば、ここは、「あの世に還る」場を示すと思える。

 礫の広がりは同じ段階のシヌグ堂遺跡を思い出させる。宮城島の近くの平敷屋にもオカガニ人がいたわけだ。

 Ⅴ層の放射性炭素年代は、3150±30BPを示している。この年代でオカガニ段階になるということは、本土の弥生期への移行よりも、オーストロネシア語族の北上の方がインパクトになったのかもしれない。

 勝連半島の平敷屋からは、植物、オカガニ、オウギガニ、ムラサキオカヤドカリ・トーテムが確認できる。徳之島の面縄、屋我地島の大堂原と並んで偉大な聖地だったのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/03

平敷屋トウバルのアダン・トーテム

 平敷屋トウバル遺跡(2008)のⅨb層は、条痕文土器が出ている。それで貝塚時代早期と位置づけられているが、放射性炭素年代が4000±40BPを示すように、Ⅸb層は、植物トーテムの段階にある。

B

 出土している貝類はたったこれだけだから、ここからのみでは判断しにくいが、貝が指示する植物トーテムはアダンだ。

 カンギクは、殻の尖りがアダンの実のそれとなぞらえられている。チョウセンサザエは、葉。クマノコは分からないが、実の黄色が捉えられているのかもしれない。マイマイは、アダンのそばにいる。キバアマガイは殻のまわりが黄色いし蓋もオレンジだ。イソハマグリは、実の中心部の白い個所だ。ここは食べられる。

Photo

 Ⅸb層からは「集積遺構」が検出されている。円形で「黄褐色」の砂がアダンの実を示している。

2
(『平敷屋トウバル遺跡』2008)

 画像でみると、「集積」は、アダンの実の突起の集まりを示しているようだ。上図で「集積」の外に色塗りされているのが土器に当たる。この土器が条痕文系、トカゲ土器だった。

 土器はその層のトーテムを指示するとは限らず、過去のものであることがしばしばあるが、ここでトカゲ土器が選ばれているのは、アダンの葉の繊維を示すのによかったということになる。島人は過去のトーテム土器の文様も覚えていて、トーテムを示すのに似たものがあれば、それで土器を作ったのではないだろうか。

 Ⅸb層の上で次に遺物が確認されているのは、Ⅶ層だ。ここでは貝の構成が変わるが、植物トーテムからサンゴ礁トーテムへは移行しておらず、ここも植物トーテム、主はやはりアダンだと考えられる。破片のチョウセンサザエと完形の蓋はそれぞれ11個出土ているが、実と突起(あるいは葉)で対をつくっているのだと思える。

Photo_4

 こうした対は、クモガイ15個とウミギク・キクザル科の45個にもみられる。実3個に対して葉が1個になっている。

 Ⅶ層からは、クモガイとウミギクの「貝製品」が出ている。

Photo_3

 この「製品」も、同じように、アダンの実を示している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »