« 新城下原第二遺跡のトーテム段階 4 | トップページ | アンチの上貝塚の位相 16 »

2018/11/22

新城下原第二遺跡のトーテム段階 5

 Ⅵ層Ⅱ区のカニ・トーテム段階を測るために、鋏貝に着目してみる。

2_2

 この6つの貝が軸になって、3対の鋏が構成できるようになっている。完形度というのは、想定される28人の女性に対して、それぞれ単独かつ完形でどれだけカバーしているかを見るためだ。

 カンギクは全員に完形で配られる。そして、イボウミニナ、ホウシュノタマと続く。このラインナップは、シオマネキ段階を想定させる。

 まだ分からないのは、カニの段階では、シオマネキの単独指名か、それともスナガニやオウギガニとの同時指名がありうるのかどうかということだ。

 大当原の土器も1点出土しているところから推測できるのは、メタモルフォーゼはオウギガニでなされているが、「この世に現れる」「いる」「還る」場は、シオマネキが主体になっていることだ。


|

« 新城下原第二遺跡のトーテム段階 4 | トップページ | アンチの上貝塚の位相 16 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/67397466

この記事へのトラックバック一覧です: 新城下原第二遺跡のトーテム段階 5:

« 新城下原第二遺跡のトーテム段階 4 | トップページ | アンチの上貝塚の位相 16 »