« アンチの上貝塚の位相 12 | トップページ | アンチの上貝塚の位相 14 »

2018/10/23

アンチの上貝塚の位相 13

 アンチの上貝塚のゴホウラ・イモガイ集積を見る。スデル場の「宿貝」に相当する。

Photo

 9つの貝のうち、2~7は女性。8,9は男性。2~4,6のゴホウラは、「頂部破損」が共通しているので、年齢階梯として同位相にある。5は、「外唇部破損」とあるが頂部も破損している。「外唇部破損」は「体層部有孔」と同位相で、しかし出自のちがいを示すものかもしれない。

 1は、「頂部破損」がなく、2~6に対して若い。7のアツソデガイは、女子を示す。短い方のアンボンクロザメは、7と同位相にある。長い方のアンボンクロザメは成人男性と考えられるが、2~6の位相にあるのか、1と同位相なのかは分からない。

Photo_4

 この集積は、次のように置かれていたと報告されている(『瀬底島・アンチの上貝塚』)。貝同士の重なりが分かるように図解してみる。

Photo_3

 スデル場だから、具体的な人ではないと考えられるが、あるいは「あの世に還った」人物の再生としてスデル場に置かれたのかもしれない。考えられる関係の可能性をメモしておく。

・7~9は兄弟妹。
・9に被さっている6は、9の母。
・8に被さる4は、8の母。
・6と重なる5は、姉妹。

 下から順に、年齢階梯あるいは霊力の増加を示すように見えるが、中位に当たる1が上位にあるのを見ると、年齢階梯どおりに積み上げているのではない。1~3は、後のスデル儀礼の際に付加された可能性は考えられる。

|

« アンチの上貝塚の位相 12 | トップページ | アンチの上貝塚の位相 14 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/67295979

この記事へのトラックバック一覧です: アンチの上貝塚の位相 13:

« アンチの上貝塚の位相 12 | トップページ | アンチの上貝塚の位相 14 »