« 大堂原貝塚Ⅲ層の位相 | トップページ | 久米島大原貝塚A地点のゴホウラ 2 »

2018/08/21

伊礼原A遺跡の貝集積

 伊礼原A遺跡においてもアンチの上貝塚と同様の思考が見られる。

Photo

 ヤドカリの尾肢は、伊礼原ではクジラの椎体で表現されている。

Ss04

 貝集中SS04の貝類は、オウギガニで腹部性が強い。報告書では「巻き貝は完形がなく」とあるので、なおさらそうなのだ。

H19

 一方、周辺の遺構外の貝類は、鋏性も持つオウギガニ貝で表現されている。アンチの上のような複雑さは見られないが、伊礼原A遺跡においても、オウギガニとしてヤドカリになると思考されたのだと思える。

|

« 大堂原貝塚Ⅲ層の位相 | トップページ | 久米島大原貝塚A地点のゴホウラ 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/66995313

この記事へのトラックバック一覧です: 伊礼原A遺跡の貝集積:

« 大堂原貝塚Ⅲ層の位相 | トップページ | 久米島大原貝塚A地点のゴホウラ 2 »