« 波照間島大泊浜の貝類 | トップページ | 具志堅貝塚の貝類 »

2018/07/06

ゴホウラ、イモガイと「をなり、えけり」

 アンチの上貝塚からは、イモガイの集積の他に、イモガイとゴホウラセットでの集積も検出されている。

Photo_2

2
(「瀬底島・アンチの上貝塚」)

 覆っているゴホウラを取り除いていくと、その下に2点のアンボンクロザメと1点のアツソデガイが顔を出す。アツソデガイは、ゴホウラに比べて小さい。

 推理してみると、2体のアンボンクロザメとアツソデガイは兄弟姉妹。そのうえのゴホウラは、姉や母、叔母などの母系の系列を示しているのではないだろうか。

 1体のゴホウラは孔が開けられておらず、外唇が取られている。これは、アツソデガイと直接の姉妹ではない、成人儀礼前の従妹を指すのではないだろうか。アンボンクロザメも大きさによって兄弟が示されている。

 


|

« 波照間島大泊浜の貝類 | トップページ | 具志堅貝塚の貝類 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/66770961

この記事へのトラックバック一覧です: ゴホウラ、イモガイと「をなり、えけり」:

« 波照間島大泊浜の貝類 | トップページ | 具志堅貝塚の貝類 »