« 具志堅貝塚の貝類 | トップページ | サキタリ洞FS層のトーテム思考 »

2018/07/08

サキタリ洞Ⅱ層のトーテム

 約23000年から20000年前だとされるサキタリ洞Ⅱ層について、貝類からトーテムを推測してみる。

1

2
(『サキタリ洞遺跡発掘調査概要報告書 3,4』より作成)

 トーテムは蛇から始まっていると想定されるから、どの蛇なのかにフォーカスする。

 シマワスレ、ウグイスガイ、クジャクガイ、チグサガイの色合いからして、これはオキナワハイと呼ばれる蛇なのではないだろうか。

 オキナワハイの横縞は、ヒザラガイやツノガイ、キヌカツギイモが選ばれる理由にもなっていると思える。

 釣り針とされている14mmの貝器もⅡ層下部から出土している。これはギンタカハマの底部を素材としていることも分かっている(山崎真治・藤田祐樹「世界最古の釣針-沖縄サキタリ洞の最新成果」)。

Photo

 Ⅱ層からはモクズガニの爪も多く出ている。モクズガニは、暗褐色だが、似ると赤くなり鋏の毛とが赤と黒のコントラストをなす。身は黄色と白。この色変化は、ハイとの類似のポイントなのではないだろうか。

 それにしてもドリームタイムと呼ぶにふさわしい色鮮やかな世界だ。


|

« 具志堅貝塚の貝類 | トップページ | サキタリ洞FS層のトーテム思考 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/66788406

この記事へのトラックバック一覧です: サキタリ洞Ⅱ層のトーテム:

« 具志堅貝塚の貝類 | トップページ | サキタリ洞FS層のトーテム思考 »