« 犬田布貝塚Ⅱ層の貝類 | トップページ | 「先史奄美のヤコウガイ消費」(木下尚子) »

2018/07/26

スセン當式段階のヤドカリ・トーテム

 スセン當式と呼ばれる奄美の土器。

PhotoPhoto_2Photo_6
(与路砂丘、スセン當、フワガネク)

Photo_7
(西原海岸)

 これらの曲線を主体にした施文は、ベニワモンヤドカリの背部に着目したものではないだろうか。西原海岸の口縁部は、白い前甲とその横の脚のように見える。

Beniwamon5

Beniwamon7
(『ヤドカリのグラビア』)

 ベニワモンヤドカリは、平べったくイモガイ、タカラガイ、マガキガイを宿貝として好む。サンゴ礁に棲み、小さい。スセン當式の段階は、ヤドカリを通じて地母神の概念が形成されたと考えてきたが、これらのことは、スセン當式と並行する沖縄のオウギガニ(大当原式)とよく呼応している。

Beniwamon8_2

 前甲をひっくり返した形が、あるいは胞衣として意味を持ったかもしれない。

 スセン當式の手前に位置づけられている万屋泉川遺跡からは、「小形で食用にしたとは考えられない」とされているコシマヤタテが出土している。コシマヤタテの殻に走る白の線は、ベニワモンヤドカリの縞とよく似ている。また、泉川遺跡の貝類は個体数がカウントされていないが、マガキガイが多量に出土したと報告されている(「万屋泉川遺跡」)。

2Photo

 ユウナの花は、夕方海に散って赤い熱帯魚に化身する。この熱帯魚をぼくたちはキンギョハナダイと見なしているが、キンギョハナダイの元の姿としてもベニワモンヤドカリはぴったりだ。この後、ユウナの花は後続する兼久式土器の底部にスタンプされることになる。


|

« 犬田布貝塚Ⅱ層の貝類 | トップページ | 「先史奄美のヤコウガイ消費」(木下尚子) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/66865469

この記事へのトラックバック一覧です: スセン當式段階のヤドカリ・トーテム:

« 犬田布貝塚Ⅱ層の貝類 | トップページ | 「先史奄美のヤコウガイ消費」(木下尚子) »