« 宇佐浜B遺跡の貝類 | トップページ | ゴホウラ、イモガイと「をなり、えけり」 »

2018/07/05

波照間島大泊浜の貝類

 下田原貝塚に隣接する小泊浜の貝類は、オウギガニからムラサキオカヤドカリへの移行を示している。

3

4

 シャコガイ族の表現の高い10層はオウギガニ段階、サラサバテイラがヒメジャコを大きく上回り、礁斜面の表現が高まる9層がコモンヤドカリ段階、そして、ヒメジャコがサラサバテイラを上回る6層がムラサキオカヤドカリ段階だ。


|

« 宇佐浜B遺跡の貝類 | トップページ | ゴホウラ、イモガイと「をなり、えけり」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/66749748

この記事へのトラックバック一覧です: 波照間島大泊浜の貝類:

« 宇佐浜B遺跡の貝類 | トップページ | ゴホウラ、イモガイと「をなり、えけり」 »