« 具志原貝塚の「ヤコウガイ製匙状製品」 | トップページ | ナガラ原西貝塚の貝類 »

2018/07/20

喜界島荒木貝塚の貝類

 喜界島荒木貝塚の貝類。

Photo

Photo_2

 マガキガイが出ないのは他の貝塚と似ていないが、カワラガイを1位とし、カニモリ類が続く構成は苧麻段階だと言える。伊礼原E遺跡とは似ている。

 「サンゴ礫」が印象的であるとともに、「植物の根」は苧麻を想定させる。

 荒木貝塚は、人工遺物が出土していないことから、自然貝層の可能性を持つが、黒住は人為的なものと判断している。「海岸の貝を中心とした砂を敷き,その上に大量の化石由来のカワラガイを選択的に持ち込み,集積させたものというもの」。

 また、「カワラガイ貝塚の意味するところは,全くの不明であり,単なる想像でしかないが,隣接する「ムヤー/モヤ」と呼ばれる風葬の行われた“聖なる場所”との関連もあるのかもしれない」としているが、この貝塚があの世に位置するものだったのかもしれない。

 1点の出土だが、ユリヤガイの緑が印象的だ。

Photo_3


|

« 具志原貝塚の「ヤコウガイ製匙状製品」 | トップページ | ナガラ原西貝塚の貝類 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 喜界島荒木貝塚の貝類:

« 具志原貝塚の「ヤコウガイ製匙状製品」 | トップページ | ナガラ原西貝塚の貝類 »