« トーテム段階把握のための全体指標 | トップページ | 熱田貝塚の貝類 »

2018/07/01

サウチ遺跡の貝類

 サウチ遺跡も貝の個体数はカウントされていない。が、これはコモンヤドカリ段階を示すと思える。

Photo_2

 大きく分ければ、鋏、腹部、貝、全体の化身貝で構成されている。

 典型例を示せば、オニノツノ、アンボンクロザメ、マガキガイ、コオニコブシ、ヒメジャコ、サラサバテイラ、ヤコウガイ等になる。

 礁斜面の貝として、アツソデ、ギンタカハマ、クロチョウガイ、ゴホウラ、サラサバテイラ、ツボイモ、ホラガイ、ヤコウガイ、ラクダガイがある。

 チリボタン、イタヤガイ、チサラガイ、スダレハマグリ、マスオ、ヒメチョウセンフデ、ミツカドボラでは、コモンヤドカリの赤がよく捉えられている。

 サウチ遺跡の土器は、沈線文脚台系だが、これはコモンヤドカリ段階の土器だと考えられる。

|

« トーテム段階把握のための全体指標 | トップページ | 熱田貝塚の貝類 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/66662599

この記事へのトラックバック一覧です: サウチ遺跡の貝類:

« トーテム段階把握のための全体指標 | トップページ | 熱田貝塚の貝類 »