« 「アマミキヨをめぐる問題」(吉成直樹) | トップページ | 大堂原貝塚Ⅷ層の貝類 »

2018/06/05

苧麻トーテム段階の貝の諸相

 ぼくは、伊是名貝塚、具志川島岩立西区、古我地原貝塚は、どれも苧麻トーテム段階(前4l期相当)と見なしている。しかし、それぞれの貝類は多様だ。

4_2

 これは、あの世の場所のちがいに帰することができる。伊是名貝塚の場合、あの世は陸上にある。具志川島岩立西区では、陸上にもあるが、それより、岩立遺跡沖の小島が優勢だった。

 また、古我地原では、マングローブ林があの世になったのだと思える。このときのトーテムは、あるいはヒルギだったのかもしれない。

 少なくとも2つ以上共通している貝はチョウセンサザエ、マガキガイ、アマオブネ、イソハマグリ、イヘヤタメトモマイマイ、イモガイ、オオウラウズ、オキナワイシダタミ、オニノツノ、カンギク、クモガイ、サラサバテイラ、シレナシジミ、ニシキアマオブネなどだ。

 

|

« 「アマミキヨをめぐる問題」(吉成直樹) | トップページ | 大堂原貝塚Ⅷ層の貝類 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/66406232

この記事へのトラックバック一覧です: 苧麻トーテム段階の貝の諸相:

« 「アマミキヨをめぐる問題」(吉成直樹) | トップページ | 大堂原貝塚Ⅷ層の貝類 »