« 面縄第3貝塚の貝類 | トップページ | 「アマミキヨをめぐる問題」(吉成直樹) »

2018/06/03

具志川島の「あの世」の発生

 具志川島岩立西区の最下層は、前2期とされている。

24tp1

24tp

 しかし、貝の構成を見る限り、苧麻トーテム(前4期)とみなしてよいと思える。6層から12層は前3期とされているが、これも貝の構成からは、苧麻トーテム(前4期)段階にある。

 そこで5A層から24層まで、苧麻トーテム段階の推移と見なしてみる。

Photo

 12層において、岩陰の奥に小さな貝塚が形成される。ここに、具志川島において「あの世」が発生した時点が示されている。そののち、人の骨も貝と同じように置かれることになる。

 放射性炭素年代の測定からいえば、約4000年前にあの世は発生し、約3700年前あたりから、人も墓に葬られるようになる。

12層 
12

5B層
5b2

 また、集骨の場所からは、加工の施されたヤキイモと推定されている貝も出土している。


Photo_2

 これは、刺青の五つ星を思い起こさずにいられない。あの世の発生と霊魂の発生は近接している。


|

« 面縄第3貝塚の貝類 | トップページ | 「アマミキヨをめぐる問題」(吉成直樹) »

コメント

 おはよう!
久しぶりです。

 船倉海岸で遊んでいますが ピャンチク離れ島を  あの世の住みかとすることを考え 行動に移しています。
与論島にも 具志川とおなじ事例があるかもしれない。
ミナタ離れが急に親しみがわいてきた。
 ヤドカリです。

 東京に行ったのに連絡しませんでした。
学生時代の恋人に再開して大山詣でをしてきました。
今度は紹介しますね。

投稿:  泡  盛窪 | 2018/06/03 05:10

盛窪やか

がしたばーり、たんでぃ。

やか。貝塚を見つけてください。ヤドゥンジョー以外にも必ずあるはずです。

ピャンチクあの世、ゆたしょー。

投稿: 喜山 | 2018/06/03 06:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/66406151

この記事へのトラックバック一覧です: 具志川島の「あの世」の発生:

« 面縄第3貝塚の貝類 | トップページ | 「アマミキヨをめぐる問題」(吉成直樹) »