« 言語のメタモルフォーゼとアマミキヨ、シネリキヨ | トップページ | 「沖縄諸島土器におけるナガラ原東貝塚の土器」(宮城弘樹、安座間充) »

2018/06/27

ナガラ原東貝塚の貝類

 ナガラ原東貝塚の、Ⅴ層、Ⅳ層下部、Ⅲ層の貝類を判断してみる。

2

Photo_4

2_2

Photo_5

2_3

Photo_6

 Ⅲ層は、ヒメジャコがサラサバテイラを上回っている。コモンヤドカリからムラサキオカヤドカリへ移行した直後の段階にあるのではないだろうか。

 Ⅳ層下部は、サラサバテイラがヒメジャコの上位にあり、コモンヤドカリ段階を示すと考えられる。オニノツノガイも、コモンヤドカリの鋏貝だ。

 最下層のⅢ層。WS資料のアマオブネ類、マイマイ類やゴマフカニモリ、ハイイロヨフバイ、ヒメヨフバイなどの鋏貝たちが、オウギガニ段階を示している。

|

« 言語のメタモルフォーゼとアマミキヨ、シネリキヨ | トップページ | 「沖縄諸島土器におけるナガラ原東貝塚の土器」(宮城弘樹、安座間充) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/66638447

この記事へのトラックバック一覧です: ナガラ原東貝塚の貝類:

« 言語のメタモルフォーゼとアマミキヨ、シネリキヨ | トップページ | 「沖縄諸島土器におけるナガラ原東貝塚の土器」(宮城弘樹、安座間充) »