« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018/06/30

トーテム段階把握のための全体指標

 おおざっぱに全体像を把握するための指標を更新する。

Photo

 なるべく科名を出さずに把握したいのだが、二枚貝、巻貝、陸産等は分かるようにしてみた。

 貝段階では、トゲトゲ族が多く、苧麻段階では鍋蓋族も多くなるという発見はある。サンゴ礁段階では、干瀬に呼応して、ニシキウズガイ科やサザエ科の△族も多い。

 まだ充分では言えないが、これで進めてみる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/29

手広遺跡6層の貝類

 手広遺跡では、貝類の個体数がカウントされていない。6層から出土している貝類は、阿波連浦下層式とされているが(新里貴之「琉球縄文土器」)、貝類はコモンヤドカリ段階を指示するようにみえる。

6

 これらの貝のうち、6層で初めて出現するのは、アラヌノメ、オニコブシ、ヘナタリ、アンボイナ、ツノマタナガニシ、イオウハマグリ、ケガキ、ヒバリガイ、アンボンクロザメになる。このうち、アンボンクロザメ、オニコブシ、ヒバリガイの取り合わせは、ヤドカリ段階を想定させる。

6_2

 隣接する段階について、これらの貝が出土する貝塚を挙げてみる。オウギガニ段階と共通するものも多いが、アンボンクロザメ、アラヌノメ、オニコブシ、アンボイナ、ヘナタリの5つの貝同時に出現するのが、平安山原のⅡ群である。Ⅱ群は、コモンヤドカリ段階を示す。

 他の貝塚で多い鋏貝はマガキガイだが、その地位を占めるのが、アンボンクロザメなのかもしれない。アンボイナのような毒性を持つ貝が採られているは、男性性が強化されたことを示唆するのではないろうか。また、平安山原でコモンヤドカリ段階を代表したイソハマグリに該当するのは、3層まで出土が続くアラヌノメかもしれない。同様に、オニノツノガイに該当するのは、ツノタマナガニシではないだろうか。

 コモンヤドカリ段階を象徴する場は、礁斜面だが、その貝類として、ギンタカハマ、サラサバテイラ、シロザル、ホラガイ、ヤコウガイも出土している。

 阿波連浦下層式は、ツノメガニ・スナガニ段階の土器だから、土器の編年が示すように、奄美では、ツノメガニ・スナガニ段階の次にコモンヤドカリの段階に入ったことを意味している。しかも、6層の放射性炭素年代は、2770±80y.B.P.なのだから、相当はやい段階でヤドカリ期、つまりアマン世に入ったことになる。奄美でアマン世と呼ばれる理由もここにあるのかもしれない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/28

「沖縄諸島土器におけるナガラ原東貝塚の土器」(宮城弘樹、安座間充)

 無文尖底土器とくびれ平底土器は、共伴することがあると同時に、「中間的な土器」があるとする宮城と安座間の考察は、貝類からの判断とも軌を一にする。

 ナガラ原東貝塚の各層は、土器からは次のように判断されている。

 Ⅴ層は、大当原式。Ⅲ層は、アカジャンガー式。Ⅳ層は、「中間的な土器」や尖底土器のなかにもアカジャンガー式土器の「文様意匠に類似したものが幾つか」あり、「尖底土器製作技術の延長上とみられる平底土器を複数見出せた」。

 宮城と安座間は書いている。

Ⅴ層ないしⅣ層のある段階で尖底土器群を製作消費していた集団が平底土器も仕様し始めたとみられ、ある段階で尖底土器から平底土器へシフトさせていったものと理解できないだろうか。

 貝類からは、Ⅳ層下部は、コモンヤドカリ段階(対応する土器はアカジャンガー式)だが、Ⅳ層上部やⅢ層は、ムラサキオカヤドカリ段階(対応する土器はフェンサ下層式)への移行が判断できた。

 この誤差は、トーテムの更新を受けてから、それを土器文様にまで昇華させるまでの時間差だと考えられる。

 また、宮城と安座間は、脚台系沈線文土器群の影響を受けた平底土器があって、それが平底土器群の祖形になった可能性を指摘しているが、その通りだと思える。それはどちらも、コモンヤドカリ土器だと考えられるから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/27

ナガラ原東貝塚の貝類

 ナガラ原東貝塚の、Ⅴ層、Ⅳ層下部、Ⅲ層の貝類を判断してみる。

2

Photo_4

2_2

Photo_5

2_3

Photo_6

 Ⅲ層は、ヒメジャコがサラサバテイラを上回っている。コモンヤドカリからムラサキオカヤドカリへ移行した直後の段階にあるのではないだろうか。

 Ⅳ層下部は、サラサバテイラがヒメジャコの上位にあり、コモンヤドカリ段階を示すと考えられる。オニノツノガイも、コモンヤドカリの鋏貝だ。

 最下層のⅢ層。WS資料のアマオブネ類、マイマイ類やゴマフカニモリ、ハイイロヨフバイ、ヒメヨフバイなどの鋏貝たちが、オウギガニ段階を示している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/26

言語のメタモルフォーゼとアマミキヨ、シネリキヨ

 オーストロネシア語等の由来は、いちど脇に置いて、トーテムと言語のメタモルフォーゼの視点のみで、考えてみる。

そこで立戻ってもう二度、何故に琉球列島の一部に、稲の蔵置場と人間の産屋とを、ともにシラと呼ぶ言葉が、残り伝わっているのかを考えてみたい。容易には国語の先生の同意を得られぬ一説と思うが、自分などは是をDR二つの子音の通融、と言おうよりもむしろダ行がかつてはもっとラ行に近かった時代の名残ではないかと思っている。一つの類例は太陽をテダ、是は照るものというより他の解は有り得ない。沖縄ではすべての行為の主体を、A母音一つをもって表示する習わしがある故に、生むものまたは育つものを、シダすなわちシラと謂って通じたのかと思う。育つ・育てるという日本語の方は、夙く展開を停止したようであるが、西南諸島のスダテイン(育てる)等は別に原形のシデイン・シデイルがあって、人の生まれることから、卵のかえることまでを意味し、スデミヅは産井の水、スデガフーは大いなる喜悦の辞、さらにこの世の衆生をスヂャという語も元はあった。(柳田國男「稲の産屋」)

 荒っぽい粗描になるが、ギーラ(シャコガイ)は、スデル(スィディ)のメタモルフォーゼからできていると捉えることができる。

Photo_3

 貝は太陽を生むように、言語のティダ(太陽)もギラ(貝)から生まれている。貝はシナとも呼ばれ、シラは光を意味する。

 産屋を建てるようになったとき、それがシラと呼ばれるようになったのは、貝-光を含意することになる。人間は貝の子であり、その貝には光が宿る。柳田の議論にはこの後に稲積み(高倉)が続くが、同様の思考の延長をみることができるはずだ。

 ここは稲積みと接するような、アマミキヨ、シネリキヨのことに行きたい。

 奄美大島で神が発生した折、「ヤドカリの子」という位相として捉えられたのが、アマミキヨという呼称に刻まれる。一方のシネリキヨは、トーテムのヤドカリが「貝の子」であるなら、「貝の子の子」もまた「貝の子」の系譜の位相を持つ。シネリキヨは、それではないだろうか。

 アマミキヨとシネリキヨが南下したとき、それが沖縄島で受容されたのは、トーテムとのつながりが示されていただからだ。と同時に、奄美大島を離れたのは、トーテムが死んだからだということになる。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/25

宇堅貝塚とアカジャンガー貝塚の段階 2

 宇堅貝塚B地区とアカジャンガー貝塚D地区の貝類を見てみる。

B2

B

D

Photo

 宇堅貝塚B地区の場合、2位のヒザラガイが、オウギガニ段階を典型的に示している。

 内湾の宇堅貝塚の場合、鋏貝としてはマガキガイが上位にならない(16位)。干潟のキバウミニナがそれに代わると考えられる。オウギガニらしさを示すクモガイは11位に位置する。

 アカジャンガー貝塚の場合、どの程度コモンヤドカリへの移行が進んでいるのかが、判断のしどころになる。アラスジケマンは、シオマネキ、オウギガニに次いで、ヤドカリ貝にもなりうるだろうか。殻表が褐色になり、顆粒が白い斑点になる場合、そこにコモンヤドカリの腹部を見ることはありえる。

 イソハマグリ、リュウキュウバカガイ、ナミノコは白い斑点を示すが、リュウキュウバカガイで、殻の端に暗褐色の色斑が出るものや、ナミノコで褐色が出る場合などのものは、コモンヤドカリの赤との類似が見られているのかもしれない。

 内湾の環境の場合、鋏貝は、マガキガイではなく、キバウミニナになる。カンギク、クマノコ、陸産貝類は、宿貝ではないだろうか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/22

平安山原B・C遺跡の位相 10

 平安山原遺跡のオウギガニ段階からコモンヤドカリ段階への移行を概観する。

1_4

2_4

 生息地からいえば、潮間帯の上昇によってコモンヤドカリ段階への移行は示せる。全体としていえば、陸域を除きあらゆる場所が構成比を持っていたのが、減少するところに移行の推移がある。ただし、Ⅲ群下層で礁斜面があがり、コモンヤドカリ段階の兆候を見せる。

 貝自体でみれば、スベスベ族の二枚貝の上昇が端的にコモンヤドカリを示す。タテタテヨコヨコ族の二枚貝をはじめ減少するなか、▽族の減少幅が小さいのは、ヤドカリも鋏を持つからだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/21

平安山原B・C遺跡の位相 9

 平安山原遺跡について、Ⅲ群の上下をふたたび見てみる。

2

1

2_2

1_2

 下層は、シラナミが1位、クモガイ、チョウセンサザエ、カワラガイが上位にある点で、オウギガニ段階と判断できるが、Ⅲ群上と比べると貝の構成が近く、判断がしにくい。扇形のシラナミが1位にある点がオウギガニ段階を象徴しているとは言える。

 また、オウギガニ段階がはっきりしている①と、棲息地や貝の属性が連続的である点もオウギガニ段階を示している。

 ただ、Ⅲ群下層がコモンヤドカリへの移行を強く示唆するのは「礁斜面」においてだ。他の層に比べて多いサラサバテイラ、ヤコウガイ、クロチョウガイ、サラサミナシは、棲息地と大きさによってコモンヤドカリ段階へ移行を示す。

 上層は、イソハマグリが1位にあり、平安山原遺跡のコモンヤドカリ段階の特徴を持つので、その段階の層だと言える。

 しかし、すっきりしないのは、アラスジケマン、クモガイ、カワラガイ、ホソスジイナミ等、どちらかといえばオウギガニ段階を示す貝類が依然として優先していることだ。

 土器は一部アカジャンガー式を含み、その点からもコモンヤドカリ段階にあると言えるが、Ⅲ群は上下層ともに、オウギガニとコモンヤドカリのどちらの要素も見られる。これは、移行への葛藤を示すのではないだろうか。

Photo

 判断に揺れてきたが、Ⅲ群は上下とも、コモンヤドカリ層への移行を示している。下層はオウギガニ色が強いが、コモンヤドカリの出現を印象づける。上層は、コモンヤドカリ化しているが、なおオウギガニ段階色を強く残す。移行の葛藤が示されている。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/20

オウギガニ段階の位相

 試みに、オウギガニ段階と考えられる貝塚層の上位10の貝について、類似の箇所を挙げてみる。

Photo

 マガキガイなどの三角形の巻貝は、「鋏」。二枚貝やマイマイ類は「腹部」だが、カワラガイなどは「鋏」でもある。

 オウギガニ段階の進展の分かる平安山原の貝を手がかりにすれば、それは「鋏」の構成比の高まりによって示される。しかし、それだけだと、小堀原b層が次のコモンヤドカリ段階への移行が進んでいることになるが、小堀原の層は、アラスジケマンの構成比が圧倒的で、マガキガイもサラサバテイラの構成比は低く、コモンヤドカリ段階はまだ先だと思える。

 そこで、(鋏)/(腹部)を指標にとり、この高まりをオウギガニ段階の進展と見なしてみる。

 阿波連浦Ⅳ層
 安田4層
 浜屋原B
 小堀原b
 平安山原①
 平安山原②
 平安山原③

 するとこの順位が得られる。これだけで何か言えるわけではないが、ひとつの視点として挙げておく。あるいは、「蓋」が選ばれるのは、オウギガニ段階初期なのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/19

新原貝塚の貝類

 沖縄島南部の新原貝塚の貝類を見てみる。

Photo

Photo_2

 優先する貝でいえば、マガキガイからイソハマグリへの交替として言うことができる。ふたつともヤドカリ段階を想定させる。

 サラサバテイラとヒメジャコに注目してみれば、7、8層ではサラサバテイラが多いが、5、6層では逆転する。これが端的に示すのは、7、8層がコモンヤドカリ段階であるのに対して、5、6層はムラサキオカヤドカリ段階ではないかということだ。

 男性性の強いマガキガイがコモンヤドカリ段階で1位で、女性性の強いイソハマグリがムラサキオカヤドカリ段階で1位になる理由はよく分からないが、大事なことを示唆しているに違いない。チョウセンサザエの蓋が、チョウセンサザエを継続して上回っていることも同様だ。

 あるいは、ムラサキオカヤドカリ段階でのイソハマグリは稲作の開始を示唆しているのかもしれない。

 土器編年では、7、8層は大当原期、6層がアカジャンガー、5層がアカジャンガーからフェンサ下層式とされている。しかし、貝類が示すのは、すでに次の段階へ移行しているということだ。オウギガニ段階で優占するクモガイは、4つの層とも10個体もない。
  


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/18

『奄美・沖縄諸島 先史学の最前線』

 『奄美・沖縄諸島 先史学の最前線』を興奮しながら一気に読んだ。このところずっと探究していることではあるので、新しく得られたことについて備忘する。

 もっとも刺激を受けるのは、ハブログループのM7a1について。M7a1は、縄文相当期にあたる時代から九州から沖縄に広く分布していたが、石垣島の白保竿根田原洞窟遺跡でも、4000年よりも新しい時代のサンプルからM7aが検出されている。

 M7a1が「八重山に起源を持つというのは想定しにくいので、やはり沖縄本島から八重山へヒトの流れがあったと考えざるを得ない」。「最初期の集団は東南アジアや南アジアから到達したものの、彼らは現代まで子孫を残すことはなく、やがて沖縄本島からやって来た集団が居住するようになったというシナリオが見えてくる」(篠田謙一「DNAからみた南西諸島集団の成立」)。

 現在進めているトーテムによる編年でも、奄美・沖縄と宮古・八重山は、トーテムとして選んだ動物の種類が異なることがあるとはいえ、似た精神文化を持ったと言えるので、この結果は心強さを覚える。当たり前にも思うけれど。

 ハプログループからは、貝塚時代後期には「現代の沖縄の人々に占める割合は約8割になる」。「つまり、貝塚時代後期には、すでに現在の沖縄で多数を占めるハプログループは存在していたということになる」。「弥生時代から平安時代にかけての数百年の歴史の中で、南西諸島に本土日本から徐々にハプログループD4を主体とする人々が流入し、在来の集団に吸収される形で人口を増やしていったというシナリオが見えてくる」。

 どうやら後期の母系社会化は、本州弧から移住してきた人々との交流を契機にしているようだ。

 また、同じく後期からはハプログループB4も検出されている。これは台湾では太平洋に面した先住民に多い。オーストロネシア語族の主体となったのもこのグループだ。「このハプログループは古代の交流によって南方から南西諸島にもたらされたと考えることもできる」。

 さて、新里貴之が木下尚子の提示した図を改編して挙げている。
Photo_10

 「貝交易」の年代は、なかなか頭に入らないので、新里の書いている土器を大雑把に対応させてみる(新里貴之「貝塚時代後1期の土器文化」)。

Photo_12

 オオツタノハを除いて、これをトーテムに当てはめれば、カニ段階では、ゴホウラ・イモガイが半々くらいで、ヤドカリ段階でイモガイの比重が増えることになる。これは、ゴホウラ・イモガイがカニの化身に対応し、イモガイがヤドカリの鋏の化身であることに対応している。トーテムの視点からみれば、島人はあくまでトーテムの化身態を採集している。

 小湊フワガネク遺跡からは、ホシレンコ(テーヌユ)が多数確認されている(高梨修「タイ釣りをする古代人」)。赤いタイ、ホシレンコは、コモンヤドカリの化身魚であるわけだ。

 しかし何といっても最大の驚きは、与論から「約5000年前の室川下層式土器と判断される遺物が採取された」(呉屋義勝・南勇輔・竹盛窪「与論の遺跡について」)。確実だとしたら、トカゲ・トーテム段階のものか、シャコガイ段階の島人が持っていたものという可能性が高い。そしてどちらの段階の島人がいたとしても不思議ではない。貝塚の発見が待ち遠しい。


『奄美・沖縄諸島 先史学の最前線』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/17

蛙から蝶への化身 2

 「井戸ヌパタヌ子蛙誦言」について、もう少し詰めてみる。

 井戸ヌパタヌ アブダーマ
 パニバムイ トゥブケー
 バガケラヌ生命(イヌチイ) 島トゥトゥミ アラショウリ

 蛙が蝶に化身するとするなら、両者は同じ位相にあると考えられたはずだ。
 何が同じなのだろうか。蛙は、井泉(カー)にいるのだから、境界点に位置することになる。生と死の結び目だ。
 それなら、蝶も境界点にいることになるはずだ。

 こう考えると、思い浮かぶのは花だ。シャコガイは、後代には花へと変形される。それはもともと花がシャコガイの化身植物と考えられていたからだということになる。蛙と蝶は境界点にいるものとして同じ位相にある。

 蛙は蝶を食べる。これは、蝶が蛙にメタモルフォースすると言ってもいい。それならこの古謡が元に戻ることを歌っているなら、蛙は蝶になることになる。

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/16

蛙から蝶への化身

 西表島の「井戸ヌパタヌ子蛙誦言」でいちばんよく分からないのは、蛙が蝶に化身するということだ。

 井戸ヌパタヌ アブダーマ
 パニバムイ トゥブケー
 バガケラヌ生命(イヌチイ) 島トゥトゥミ アラショウリ

 しかし、これはどうやら、どちらもシャコガイ・トーテムの化身態ということではないだろうか。

Photo

 蛙は、「井戸のそば」にいる。井戸とあるが、これは井泉のことだ。つまり、水源にいる。水源にいる生き物が注視されたのは、境界点の発生を担ったシャコガイ・トーテムの段階だ。

 貝では、カワニナなどが化身態と見なされるように動物では、蛙がそうだと考えられた。シャコガイの二枚の殻と口の開閉は、翅を閉じたり開いたりする蝶に似ている。蝶もまたシャコガイの化身態だった。

 他の節では、シレナシジミがシャコガイに化身するように、海の生き物へと化す。この節だけが蝶、なのだ。これはよく分からないが、空は海とは本質的に区別されていなくて、陸→海と陸→空は同等に捉えられていたということではないだろうか。

 重要なのは、蝶が霊魂の形姿と見なされる前に、人間と蝶のつながりも見出されていたということだ。人間と蝶は、シャコガイの化身態として同じ位相にあったのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/15

揚殿遺跡の貝類

 沖永良部島揚殿遺跡の貝類は、個体数がカウントされていないので、貝類名称のみを挙げる。

Photo_3

 ・マガキガイ、レイシガイ類、オニノツノ、コオニコブシ -鋏
 ・ニシキウズ、サラサバテイラ、チョウセンサザエ、ヤコウガイ -腹部
 ・チョウセンサザエ、ヤコウガイの蓋 -頭部
 ・マダライモ -眼

 この貝類は、ムラサキオカヤドカリを示している。

遺跡の立地であるが、砂丘地では無く内陸部赤土台地上である。この遺跡立地は、これまでの兼久式土器の遺跡立地(第 31図)と相違する。しかし、前述した通り沖縄諸島の事例とは類似し、川嶺辻遺跡も同様の立地である。(鼎丈太郎「揚殿遺跡出土のくびれ平底土器の位置付け」)

 この砂丘から内陸部赤土台地上までの範囲は、ムラサキオカヤドカリの棲息地に対応していると思える。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/14

オオハマボウの圧痕

 喜界島南部の先山遺跡から出土した兼久式土器の接地面には、木葉圧痕がある。

Photo

 この図を見ただけでは分からないが、報告書にはこう記されている。

11-17は全て,塞形土器の底部片で, 11, 12, 13, 16の接地面には木葉が圧痕される。使用した木葉は,オオハマボウでこの種の土器に一般的に見られる。また, 14, 15では,その痕跡よりサンゴ状のものを敷いたと思われる。 12,13, 16等の底部の形状は,南島でくびれ平底と呼ばれる。(「先山遺跡 喜界町埋蔵文化財発掘調査報告書(1))。

 土器の接地面の圧痕は、これらが胞衣の位相にあることを示している。

 ユウナの葉 - サンゴ - 胞衣

 サンゴ礁は胞衣であり、サンゴ礁の化身態としてユウナの葉もあるわけだ。ユウナの葉はトイレットペーパーでもあった。

 (胞衣-子)=(ユウナの葉-糞)

 ここには、胞衣が子を包むように、ユウナの葉が糞を包むという思考が見られる。

 それがなぜ兼久式土器、つまりムラサキオカヤドカリの段階で出現するのか、分からない。ユウナの花は、黄色に咲き、夕刻に赤みを浴びて散る。この男性性から女性性への移行がどこかで関係しているのかもしれない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/13

宮古島長墓遺跡の貝類 2

 宮古島長墓遺跡のトレンチ1で最下層の7層の貝類を「取り上げる。

71

72

 これも1層と同じく苧麻トーテムの化身貝たちだと言える。長墓遺跡は、苧麻トーテム貝塚である。

 不思議なのは年代で、放射性炭素年代測定では、7層が約4000年前、1層は約2500年前と出ていることだ。7層は、下田原期にあたり、1層は無土器期になる。

 7層が無土器期とすれば、八重山ではトカゲトーテムであり、苧麻トーテムとは大きく隔たる。また、北琉球でもまだ貝トーテム段階であり、それとも矛盾する。

 しかし、貝類からみる限り、7層から1層まで苧麻貝なのだ。 

 7層の長墓遺跡の島人は、八重山の集団とは異なっている。北琉球の島人とも異なる。貝トーテムの島人のなかで、北琉球から宮古へ訪れた島人という可能性はあるかもしれない、7層について、放射性炭素年代の測定をもう一度やってほしいところだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/12

宮古島長墓遺跡の貝類 1

 宮古島長墓遺跡の貝類。トレンチ1の1層を取り上げる。

2

1

 目を引かれるのは、ヒザラガイだ。1層の貝類は、苧麻トーテムのものだと思えるが、これまで見てきた苧麻トーテム段階の貝と異なるのは、ヒザラガイが上位にあることだ。苧麻の葉の形の類似が捉えられていると考えていい。

 ヒザラガイのみなしは特徴的だけれど、宮古島の刺青を眺めてきたぼくたちには既視感がある。これは、左手甲に描かれることが多い「握り飯」の素材に当たる。(参照:「琉球弧の「針突き(tattoo)」デザイン」

 刺青の発生は苧麻段階に根拠を持つのだから、「握り飯」デザインもここに淵源をみていいことになる。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/11

名蔵貝塚の位相 3

 名蔵貝塚にしても典型的なシオマネキ段階を示している。

2_3

1_3

 Ⅴ層についていえば、ベニよりもハクセンシオマネキの方を想起させる。はっきりベニを示すのは、サラサバテイラだろうか。

 オウギガニが意識され始めているのは、シャコガイ族の構成比が、0.9%から6.7%に増加することに象徴されている。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/10

石垣島船越貝塚の貝類

 石垣島、伊原間のくびれにあるフナクヤー(船越)貝塚の貝類。

2_2

1_2

 シオマネキ段階の貝だけは明瞭な表情を見せてくれる。アラスジケマンだ。

 殻に赤みを認められるオオベソマイマイやベニシリダカには、ベニシオマネキ。ヒメジャコにはルリマダラシオマネキを見ることになる。オオベソマイマイの強いタテタテヨコヨコの模様は、シオマネキの腹部との類似が考えられている。(参照:「八重山のカタツムリ」

 ヤコウガイは、殻よりも蓋が重視されている。腹部への関心だ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/09

竹富島カイジ浜貝塚の貝 5

 しつこいが竹富島カイジ浜の貝類。

1

2

 これらは、0~3地区にしても、4~21地区にしても、ムラサキオカヤドカリが優勢になった貝層を示している。

 0~3地区のⅣ層では、ケイトウやベニエガイにコモンヤドカリの名残りを見ることができるが、1位はヒメジャコで、ムラサキオカヤドカリのトーテム化を象徴するように思える。Ⅰ層では、マガキガイが男性貝として、チョウセンサザエの蓋が、男性=太陽への変換を見せている。

 4~21地区では、アマオブネ、チョウセンサザエの蓋、マガキガイという1位の変遷によく示されている。

 ただ、放射性炭素年代は、Ⅳ層で、約1300年前~約1800年前と幅を見せており、間尺が合わない。より新しい方の年代が正確なのではないかと思える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/08

波照間島大泊浜貝塚の貝 3

 改めて、波照間島大泊浜貝塚の貝類の段階を推測してみる。

1_3

2_4

 トカゲの段階から、シレナシジミはずっと尊重されている。これは、トーテムの化身を意味するとともに、西表島とのつながりを示しているのだと思える。

 そのシレナシジミは、この段階では、いずれシャコガイになるものと考えられている。そして、シラナミ、ヒメジャコ等と、シャコガイ族も連綿としている。これらはひとつながりのものとしてみなせば、複数の層の推移は、サラサバテイラからマガキガイ優勢への変化と見なすことができる。

 これらが指示しているトーテムは何だろうか。

 想定できるのは、干瀬のオウギガニからイノーのオウギガニという推移だ。10層のヒメジャコは、あるいはシオマネキ段階の名残りをとどめているかもしれない。

 9層では、ヤコウガイとチョウセンサザエは、殻と蓋が対をなすように出ている。これは、腹部と鋏への同等の関心を示す。4層からは、蓋が優勢になる。これは、コモンヤドカリからムラサキオカヤドカリへの変化を連想させるが、段階としては早すぎる。

 また、4層、2層では、サラサバテイラとオニノツノが対をなすように見える。

 放射性炭素から得られている年代は、

 10層 1720±65
 11層 1510±70
  6層 1370±65

 だから、10層から2層にかけて数百年の時間を見積もれることになる。この間、オウギガニのみというのは長すぎる気もする。10層のヒメジャコやヒメイトマキボラは、シオマネキを示しているのかもしれない。

 大泊浜貝塚から出土している石斧は小形で、シオマネキやオウギガニを示すように見える。2層のベッコウザラの小ささもオウギガニを示唆すると見なせる。

 これらの貝類は、ヤドカリ段階と見分けがつきにくい。しかし、なかでも一貫して優勢であるシャコガイたちはヤドカリっぽくない。つまり、シャコガイたちもその形態はオウギ型と見なされている。

 
 
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/07

与那国島トゥグル浜遺跡の貝類

 与那国島トゥグル浜遺跡Ⅱa層の貝類。

2

1

 ヤコウガイの蓋、そしてチョウセンサザエの蓋と続く。波照間の下田原の島人はチョウセンサザエに執心したように、与那国ではヤコウガイに執心している。しかし、こころの位相としては同じ、キシノウエトカゲの化身貝を採ったということだ。

 与那国島トゥグル浜遺跡の島人はすでに土器をつくっていない。代わりのように、ヤコウガイの蓋にトーテム表現を求めたことになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/06

大堂原貝塚Ⅷ層の貝類

 大堂原貝塚Ⅷ層は、ヘビトーテム段階の貝層だ。これまでのところ、とても分かりやすい化身貝とも言える。

2

Photo

 ニシキウズ、サラサバテイラ、ヤコウガイと、巻貝の巻きにとぐろを巻いた蛇が見いだされている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/05

苧麻トーテム段階の貝の諸相

 ぼくは、伊是名貝塚、具志川島岩立西区、古我地原貝塚は、どれも苧麻トーテム段階(前4l期相当)と見なしている。しかし、それぞれの貝類は多様だ。

4_2

 これは、あの世の場所のちがいに帰することができる。伊是名貝塚の場合、あの世は陸上にある。具志川島岩立西区では、陸上にもあるが、それより、岩立遺跡沖の小島が優勢だった。

 また、古我地原では、マングローブ林があの世になったのだと思える。このときのトーテムは、あるいはヒルギだったのかもしれない。

 少なくとも2つ以上共通している貝はチョウセンサザエ、マガキガイ、アマオブネ、イソハマグリ、イヘヤタメトモマイマイ、イモガイ、オオウラウズ、オキナワイシダタミ、オニノツノ、カンギク、クモガイ、サラサバテイラ、シレナシジミ、ニシキアマオブネなどだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/04

「アマミキヨをめぐる問題」(吉成直樹)

 まだグスク時代以降に取りかかる余裕はないのだが、アマミキヨに関することだけ触れておきたい。

 吉成直樹は、集落に伝わるアマミキヨ、シネリキヨ神話で、国づくりをするだけでなく、稲と結びついていることについて、

このことは、琉球王朝神話で稲の由来を語るアマミキヨ(シネリキヨ)神話が民間へと下降したことを示している。そのそも宇宙開闢神話であったアマミキヨ神話に稲が結びつくこと自体、アマミキヨ神話の新たな展開であり、それを取り込んだのは民間ではなく王朝以外には考えられない。

 と書いている。

 吉成はアマミキヨ神話の新旧を、旧がトーテムとしてのアマン神話であり、新は「古層のアマミキヨ神話が王朝神話に取り込まれ、再編成された神話である」としている。

 備忘に、いまの考えを対置しておきたい。旧とされているのは、トーテムとしてのアマン神話だが、新とされるアマミキヨ神話はトーテムとしてのアマンが、高神へと変換されたものだと考えられる。この変換の背景には、農耕があるのは間違いない。アマン・トーテムの二段目のムラサキオカヤドカリ・トーテムのときに、農耕は受容される段階に入っているのだから、アマミキヨ神話は、外部からのインパクトやアマルガムはあっても、アマンをトーテムとした人々の内部で起きていると想える。

 アマンがトーテムとなった段階でアマン神話は生まれ、アマンというよりトーテムが不可能になってアマミキヨ神話は生まれる。稲がそこに結びついていても不自然ではない。そののち、王権につながる人々の神話のなかで、稲を広めたアマミキヨ神話が取り込まれ下位に落とされた、ということではないだろうか。

 なお、新旧のアマミキヨ、シネリキヨ神話が本来、兄妹神かつ原夫婦であったかは不明である。琉球文化圏全域に「兄妹始祖神話」が分布していることを考えると、その神話の影響を受けて変化した後の姿である可能性もある。

 「風によって孕」むところに、アマミキヨがシネリキヨと兄妹であることが示唆されている。しかし、新旧ともに原夫婦ではない。ヤドカリの前にカニがトーテムになった段階でそれは終わっている。


『琉球王権と太陽の王』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/03

具志川島の「あの世」の発生

 具志川島岩立西区の最下層は、前2期とされている。

24tp1

24tp

 しかし、貝の構成を見る限り、苧麻トーテム(前4期)とみなしてよいと思える。6層から12層は前3期とされているが、これも貝の構成からは、苧麻トーテム(前4期)段階にある。

 そこで5A層から24層まで、苧麻トーテム段階の推移と見なしてみる。

Photo

 12層において、岩陰の奥に小さな貝塚が形成される。ここに、具志川島において「あの世」が発生した時点が示されている。そののち、人の骨も貝と同じように置かれることになる。

 放射性炭素年代の測定からいえば、約4000年前にあの世は発生し、約3700年前あたりから、人も墓に葬られるようになる。

12層 
12

5B層
5b2

 また、集骨の場所からは、加工の施されたヤキイモと推定されている貝も出土している。


Photo_2

 これは、刺青の五つ星を思い起こさずにいられない。あの世の発生と霊魂の発生は近接している。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/06/02

面縄第3貝塚の貝類

 シャコガイ・トーテムにぴったり合った貝層(土器でいえば、隆帯文)になかなか出会うことができない。

 面縄第3貝塚は、条痕文の土器の他に前3期の室川下層式も出土しているので、その可能性はある。

31_2

32

 ここは畑地の整備事業の際、発見されている。

面縄川に接するためか、検出砂層からは水が湧き、電動ポンプを投じても調査区全面が水没する状況であった。現状の体制では十分な調査が行なえないと判断したため、県農村整備課と協議し、これ以上の掘り下げは行なわず、遺跡を地下保存することとした。(『面縄貝塚』)

 この記述は示唆的だ。川があり、そこにはカワニナがある。湧水のところにもカワニナはいる(参照:宜野湾市「カワニナ」)。

 シャコガイがトーテムとなったとき、人間は洞窟状の穴から出現するものになった。そこにいる貝はトーテム化身貝として選ばれたのだ。

 オハグロガキは、ギザギザの口がシャコガイに似ている。大ヤマタニシは殻の蓋を持つ(参照:「蓋を腰に着いて付けて移動  オオヤマタニシ」)。

 250と数は少ないが、これらの貝類は、トカゲ期ではなく、すでにシャコガイ期に入っていると見なせるのではないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/01

伊礼原E遺跡の貝類

 黒住耐二は、伊礼原E遺跡の5区について、内湾が多く占め、非食用の小形種が多いことから、「自然貝層」と判断している。また、別のところでは、貝塚時代前2期後葉と位置づけている(『平安山原B・C遺跡』)。

51

5

 しかし上位の貝を見れば、これは「自然貝層」ではなく、島人の選択が働いている。苧麻トーテム段階の貝たちだ。

561

56

31

3

 5・6区、3区については、前3・4期と判断されている(『平安山原B・C遺跡』)。両区は、浜辺と干瀬の表現が高い。上位の貝は、ビッグネームたちだ。サンゴ礁トーテム段階の貝たちだと言える(土器では前5期)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »