« 宮古島アラフ遺跡のトーテム段階 | トップページ | 具志川島タチャー遺跡の貝類 »

2018/05/07

用見崎遺跡の貝類

 用見崎遺跡では、コモンヤドカリの化身貝を見ることになる。

1_3

 用見崎遺跡で特徴的なのは、ヘビガイだ。どうやら、小さなヤドカリは、ヘビガイのなかに入ったりもするのだ。

2_4

 用見崎でも、下層(B)は陸産の貝類が多い。つまり、陸のあの世が注視されている。それがより上層(A)では、外洋-サンゴ礁域が増える。これはトーテムの定着度を示すのだと考えられる。

 コモンヤドカリからムラサキオカヤドカリの過程で、貝類の生息域は変化していくことになる。

 陸、礁斜面→岸側潮間帯→岸側潮間帯、陸

|

« 宮古島アラフ遺跡のトーテム段階 | トップページ | 具志川島タチャー遺跡の貝類 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/66300877

この記事へのトラックバック一覧です: 用見崎遺跡の貝類:

« 宮古島アラフ遺跡のトーテム段階 | トップページ | 具志川島タチャー遺跡の貝類 »