« 平安山原遺跡のⅡ群貝類 | トップページ | 竹富島カイジ浜貝塚の貝 4 »

2018/05/10

ナガラ原東貝塚Ⅴ、Ⅳ、Ⅲ層の貝類

 伊江島ナガラ原貝塚のⅢ、Ⅳ層はアカジャンガー式、Ⅴ層は大当原期だとされている。

 Ⅲ層:6世紀後半~7世紀初頭
 Ⅳ層:5世紀~6世紀中ごろのうち、6世紀中ごろを含む時期
 Ⅴ層:5世紀~6世紀中ごろのうち、5世紀から6世紀前半を含む時期(黒住耐二「ナガラ原貝塚の貝類遺体」)

 ぼくたちは貝類から、段階の位相を探ることになる。

2

 棲息地からいえば、Ⅴ層では、礁斜面(4)と陸産(Ⅴ)の構成比の高さにオウギガニからコモン・ヤドカリへの移行が示唆されているように見える。

 Ⅳ層でも礁斜面(4)の構成比は高い。また、シャコガイ、マガキガイも高い。Ⅲ層では、シャコガイがマガキガイを上回るようになっている。

1_2

 個別の貝類で見ていくと、礁斜面と陸産を高めているのは、サラサバテイラとオキナワヤマタニシ、オイナワウスカワマイマイであることが分かる。どちらもコモン・ヤドカリの出現を暗示している。リュキュウヒバリとミドリアオリは、オウギガニ段階から継続しているものかもしれないが、コモン・ヤドカリの化身貝と見なしてよさそうだ。

 Ⅳ層になると、シラナミ、マガキガイ、サラサバテイラの三つ巴が目に付く。Ⅲ層のサンプルは少ないが、シラナミに次いでヒメジャコが上位にあがっている。これは、青の隆盛、つまり、ムラサキオカヤドカリへの移行を示すものだと考えられる。


|

« 平安山原遺跡のⅡ群貝類 | トップページ | 竹富島カイジ浜貝塚の貝 4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/66301291

この記事へのトラックバック一覧です: ナガラ原東貝塚Ⅴ、Ⅳ、Ⅲ層の貝類:

« 平安山原遺跡のⅡ群貝類 | トップページ | 竹富島カイジ浜貝塚の貝 4 »