« ナガラ原東貝塚のヤドカリ貝 | トップページ | 国頭安田遺跡の貝類 »

2018/05/16

新城下原第二遺跡Ⅸ層の貝類

 新城下原第二遺跡のⅨ層は、前1期だとされている。ヘビ段階だ。

2_2

 なんといってもスベスベ族の高さが目立つ。なかでもスベスベした二枚貝が多い。

1

 ヘラサギガイとクマノコとが両雄のように圧倒的だ。クマノコガイは、白地を取れば銀に光り、中身はとぐろを巻いている(「クマノコガイ」)。ヘラサギガイは、白地がつやつやしている。クマノコと同じ規模で採られているのから、これはハブの顎下の白地の鱗ではないだろうか。もしかしたら、白い蛇を新城下原の島人は重視したのかもしれない。

 チョウセンサザエの蓋は、ヘビ段階から活躍している。蓋の裏側は褐色でらせん状の模様がある。ここに目を留めたのではないだろうか。イボウミニナは、蛇の牙だ。

3

 オキナワヤマタニシ、サラサバテイラ、ヤコウガイ、アラスジケマンというお馴染みの貝たちも、すでにヘビ段階で登場している。

|

« ナガラ原東貝塚のヤドカリ貝 | トップページ | 国頭安田遺跡の貝類 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/66319119

この記事へのトラックバック一覧です: 新城下原第二遺跡Ⅸ層の貝類:

« ナガラ原東貝塚のヤドカリ貝 | トップページ | 国頭安田遺跡の貝類 »