« 用見崎遺跡の貝類 | トップページ | 平安山原遺跡のⅡ群貝類 »

2018/05/08

具志川島タチャー遺跡の貝類

 具志川島タチャー遺跡の炉跡はフェンサ下層式の段階とされている。ここの貝類がムラサキオカヤドカリの化身貝と見なせるか、確かめることになる。

1

2_2

 タチャー遺跡では、ヒメジャコの表現は強くない。代わるように、コウダカカラマツやオオベッコウガサなどの太陽貝の表現が強い。

 それは、マガキガイが優勢化するのに合わせて、シャコガイ族とともに劣勢化する。これは、女性=太陽の後退を意味するのではないだろうか。

 コオニコブシもムラサキオカヤドカリの眼柄の系譜に加えることができる。

|

« 用見崎遺跡の貝類 | トップページ | 平安山原遺跡のⅡ群貝類 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/66300928

この記事へのトラックバック一覧です: 具志川島タチャー遺跡の貝類:

« 用見崎遺跡の貝類 | トップページ | 平安山原遺跡のⅡ群貝類 »