« 平安山原B・C遺跡の位相 7 | トップページ | 新城下原第二遺跡のトーテム段階 3 »

2018/05/25

平安山原B・C遺跡の位相 8

 Ⅲ上の層と①の層を軸に、オウギガニ段階からコモンヤドカリ段階への推移を見てみる。

Photo_3

 平安山原の場合、貝の単位でみれば、イソハマグリが圧倒的に強いがこれはヤドカリの腹部を意味している。オウギガニで強いのは、爪を示すマガキガイだ。差異でいえば、クモガイはコモンヤドカリ期にも継続するが、構成比を落とす。

 爪(鋏)はより大きくなることを考えると、イモガイ類も小形のものから中形、大形のものが増えることになる。

 しかし、名だたる貝たちによっては、段階の推移を見なければ両者を見分けるのは難しいかもしれない。そのとき、爪貝による識別が有効なのかもしれない。

|

« 平安山原B・C遺跡の位相 7 | トップページ | 新城下原第二遺跡のトーテム段階 3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/66331647

この記事へのトラックバック一覧です: 平安山原B・C遺跡の位相 8:

« 平安山原B・C遺跡の位相 7 | トップページ | 新城下原第二遺跡のトーテム段階 3 »