« 平安山原B・C遺跡の位相 6 | トップページ | 平安山原B・C遺跡の位相 8 »

2018/05/24

平安山原B・C遺跡の位相 7

 オウギガニからコモンヤドカリへの推移をみる場合、爪(鋏)の部分は手掛かりになる。

1_2

 この貝類を、通して出現するもの、オウギガニ寄り、コモンヤドカリ寄りに腑分けしてみる。

2_3

 たとえば、マガキガイは通して出現するが、オウギガニの方が強い。これは、クモガイ、イトマキボラ、オキニシ、ムラササキイガレイシにも言える。

 このなかで、オウギガニにしか出現せず、いかにもオウギガニという貝を選べば、オオミノムシになるだろう。


|

« 平安山原B・C遺跡の位相 6 | トップページ | 平安山原B・C遺跡の位相 8 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/66331597

この記事へのトラックバック一覧です: 平安山原B・C遺跡の位相 7:

« 平安山原B・C遺跡の位相 6 | トップページ | 平安山原B・C遺跡の位相 8 »