« 平安山原B・C遺跡の位相 8 | トップページ | 具志川島遺跡の前3期貝類 »

2018/05/26

新城下原第二遺跡のトーテム段階 3

 改めて新城下原第二遺跡のⅢ~Ⅴ層について、見てみる。

2

 スナガニ段階は、外洋-サンゴ礁から内湾-転石の高さで示される(Ⅴ層)。シオマネキ段階は、干潟-マングローブが高い(Ⅲ)。

 どちらの段階も、二枚貝の構成比が高い。シオマネキ段階では、タテタテヨコヨコ族の二枚貝の構成が過半を占める。これに呼応して、シャコガイの構成比も高くなる。Ⅲ層、川跡では、オウギ族も出現している。

1

 シオマネキ段階を象徴するのはアラスジケマンだ。ヒメジャコが高いのは、ルリマダラシオマネキの色なのだと思える。爪を示すのは、ツノレイシ、イトマキボラ、オニノツノ、サラサバテイラなどだ。これらは、オウギガニ段階でも継続する。メスの爪の小ささを反映したものだ。

 スナガニ段階(Ⅴ層)では、イボウミニナがそれに当たる。


|

« 平安山原B・C遺跡の位相 8 | トップページ | 具志川島遺跡の前3期貝類 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/66337422

この記事へのトラックバック一覧です: 新城下原第二遺跡のトーテム段階 3:

« 平安山原B・C遺跡の位相 8 | トップページ | 具志川島遺跡の前3期貝類 »