« 国頭安田遺跡のオウギガニ・トーテム段階の貝類 | トップページ | 安良川遺跡のオカヤドカリピット 2 »

2018/04/14

阿波連浦貝塚の貝類

 阿波連浦下層式、つまりスナガニ・トーテム段階の貝類が知れると期待したが、出土数が少なく残念だった。

Photo_5

 阿波連浦下層式土器が出土した肋層は、オオベッコウガサ、イボアナゴ、シラナミのみ。いわゆるスナガニらしさは確かめられない。しかし、オオベッコウガサ、イボアナゴの岩化する貝のスナガニ段階の貝の例としては備忘しておける。

 Ⅳ層は、浜屋原式土器、つまりシオマネキ段階の貝類だ。シオマネキ段階でのアマオブネには何を見ただろうか。オウギガニ段階のように、爪の形に迫っているとは思えない。腹部と蓋、だろうか。爪(鋏)らしさは、クロフモドキに現れている。

 アラスジケマン系の二枚貝は、リュウキュウマスオになる。

 しかし、キバアマガイにしてもホソスジウズラタマキビにしてもシオマネキよりはオウギガニ段階にふさわしい。もしかしたら、この貝塚はすでに移行が進んでいるのかもしれない。


|

« 国頭安田遺跡のオウギガニ・トーテム段階の貝類 | トップページ | 安良川遺跡のオカヤドカリピット 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/66149905

この記事へのトラックバック一覧です: 阿波連浦貝塚の貝類:

« 国頭安田遺跡のオウギガニ・トーテム段階の貝類 | トップページ | 安良川遺跡のオカヤドカリピット 2 »