« 浜屋原貝塚B地点の貝 | トップページ | シヌグ堂遺跡の貝 2 »

2018/04/08

ナガラ原東貝塚の干瀬カニ貝

 大当原式、つまり干瀬蟹あるいはオウギガニ貝のトーテム段階に相当するナガラ原東貝塚の層と、浜屋原、シヌグ堂と比較してみる。

Photo_4

 ナガラ原東に出現し、浜屋原、シヌグ堂にない貝を挙げてみると、筆頭にくるのはPU資料では、シラクモガイになる。この他、殻に尖りのある貝は続くが、これはオウギガニの甲のデコボコを表現したものだろうか。

 WS資料も入れると、リュウキュウヒバリがあがる。これは、色合いとしては、オウギガニと似ていると言える。ミドリアオリ、オキナワイシダタミの殻のデコボコは、シラクモガイと同様のものだとみなせる。

 ハナマルユキの模様は、これはオウギガイに似ていると言えそうだ。

 まだまだ確信は持てないが、オカガニ、スナガニ、干潟カニ、干瀬カニのそれぞれのトーテム貝の目安を持ったところで、さいど八重山の貝に当たってみよう。


|

« 浜屋原貝塚B地点の貝 | トップページ | シヌグ堂遺跡の貝 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/66113665

この記事へのトラックバック一覧です: ナガラ原東貝塚の干瀬カニ貝:

« 浜屋原貝塚B地点の貝 | トップページ | シヌグ堂遺跡の貝 2 »