« 西長浜原遺跡の貝類 | トップページ | 浜屋原貝塚B地点の貝 »

2018/04/05

シヌグ堂遺跡の貝

 シヌグ堂からは、仲原式土器が出土している。つまり、オカガニ・トーテムの段階だ。ここでは、カニ貝を確認する。

1

 名称が記録されていないのが残念だが、83%を占める陸産貝がオカガニ貝ということになる。

 ただ、これだけではないはずだ。カニの意味を担っているのは、マガキガイをはじめ、アサリ、ハマグリなどの貝もそうだ。

2_2

 シヌグ堂でそれが、イソハマグリが代表だと言える。

 この他にも、コゲニナ、イソハマグリ、ベニハマグリ、コオロギガイ、ウミギクなど、茶系の色の貝も、オカガニ貝として採られたのだと思える。


|

« 西長浜原遺跡の貝類 | トップページ | 浜屋原貝塚B地点の貝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/66112619

この記事へのトラックバック一覧です: シヌグ堂遺跡の貝:

« 西長浜原遺跡の貝類 | トップページ | 浜屋原貝塚B地点の貝 »