« 面縄貝塚の貝類の段階 | トップページ | 木綿原遺跡の貝の段階 »

2018/04/26

ナガラ原東貝塚の位相

 なかなか視野の得られない前5期について、ナガラ原東貝塚の前5期の層と、前5期後1期の層についてみてみる。

5

 ヒメクワノミカニモリ、イボタマキビ、コンシボリツノブエ、コイワニシ、ミツカドボラなどは、オカガニの鋏と見なしていい。すでに後1期に入りつつあるのかもしれない。

 よく分からないのは、ミドリアオリやヨメガカサなど、オウギガニ段階で見られる貝たちのことだ。

 前5期は、サンゴ礁がトーテムになる。他の動物たちのように類似は見出しにくい。だから、新しく出現した干瀬という場と、それに対応する陸の岩場は重視された。そこにいる貝たちが採られたということかもしれない。

 そしてまた、それが、前5期の貝がオウギガニ段階に類似する理由に当たるのかもしれない。

Photo

 前5期と後1期の層でも、ミドリアオリ、リュウキュウヒバリ、イシダタミアマオブネが見られる。

 つまり、前5期は、干瀬と陸側の岩場が重視される。そう仮説しておこう。


|

« 面縄貝塚の貝類の段階 | トップページ | 木綿原遺跡の貝の段階 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/66228803

この記事へのトラックバック一覧です: ナガラ原東貝塚の位相:

« 面縄貝塚の貝類の段階 | トップページ | 木綿原遺跡の貝の段階 »