« 木綿原遺跡の貝の段階 | トップページ | 貝塚時代前4期の貝類 »

2018/04/28

木綿原遺跡の貝の段階 2

 こんどは推移にフォーカスしてみる。

2_2

 シャゴウが、Ⅴ層からⅣ層にかけて構成比を落とすのは、砂地にあり苧麻の葉の形と類似を見出せるシャゴウが、干瀬や岩礁の表現の強い前5期に重要度が落ちると見なすことはできる。

 また、アンボンクロザメがⅣ層に出現するのは、大型の貝類が重視されるようになるためだと考えられる。


|

« 木綿原遺跡の貝の段階 | トップページ | 貝塚時代前4期の貝類 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/66263820

この記事へのトラックバック一覧です: 木綿原遺跡の貝の段階 2:

« 木綿原遺跡の貝の段階 | トップページ | 貝塚時代前4期の貝類 »