« 竹富島カイジ浜貝塚の貝 2 | トップページ | 蟹の化身貝の系譜 »

2018/03/07

ヤドカリ・トーテムの化身貝

 ヤドカリ・トーテムの化身貝は何だろうか。ヤドカリは、貝を背負っているから、もともと貝を持っているというのは、現代のぼくたちの見方で、先史の島人は、蟹と貝を一体とみなし、そのうえで、ヤドカリの化身態としての貝を見出したはずである。

 「ナガラ原東貝塚の貝類遺体」(黒住耐二)のでデータを、貝塚時代後1期、後2期のものに仕分けして、ランキングの差異を見てみる。

 すると、後2期になって順位が上昇する貝には、尖ったもの、貝殻に尖りのあるものが目立つ。

 コオニコブシ(14→4)
 シラクモガイ(10→6)
 オニノツノガイ(18→10)
 ツノレイシ(12→13)
 オキニシ(44→14)
 イトマキボラ(23→15)
 クモガイ(29→20)
 メンガイ類(38→31)
 ミツカドボラ(54→38)
 コオニノツノ(54→58)
 エガイ(80→58)
 イボソデ(80→68)
 シロナルトボラ(80→68)
 パイプウニ(80→68)

 順位が下がるのは、ガンゼキボラ(21→23)のみで、ヤナギシボリイモ(25→25)、ツノテツレイシ(23→23)、アカイガレイシ(27→27)が同位になっている。

 これは、殻の尖りが、ヤドカリ・トーテムの化身貝であることを強く示唆しているのではないだろうか。おそらく、ヤドカリの脚の棘をこれは表現していると思える。

 ナガラ原東貝塚による限り、ヤドカリ貝は、コオニコブシに象徴されることになる。


|

« 竹富島カイジ浜貝塚の貝 2 | トップページ | 蟹の化身貝の系譜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/66070213

この記事へのトラックバック一覧です: ヤドカリ・トーテムの化身貝:

« 竹富島カイジ浜貝塚の貝 2 | トップページ | 蟹の化身貝の系譜 »