« 伊是名島貝ブロックの貝類 | トップページ | 名蔵貝塚の位相 »

2018/03/28

トーテム貝の累積

 大堂原貝塚の貝類(前4期後葉は古宇利原)について、前1期から後1期にかけて見てみる。

2
(「黒住耐二「貝類遺体からみた沖縄諸島の環境変化と文化変化」)

 これをみると、前1期のヘビ貝たちは、いずれも後に活躍する貝たちばかりだ。言い換えれば、役者は最初に顔を出している。つまり、ヘビとのつながりがあるということは、最後まで重要だったということだ。

 なかでも、もっとも活躍したのは、マガキガイだと言える。それはトカゲ貝の代表となり、前3~4期にはやや後退するものの、前5期からはサンゴ礁貝としてイノーの雄に躍りでて、その一角は後2期まで担うことになる。

 後1期に、カニ貝となるのには、カニとの類似が捉えられたという以上に、ヘビとのつながりは重要だったのではないだろうか。カニは母系社会を象徴しており、兄妹を現すものとして、女性の貝に対して、男性の貝としてはヘビ-トカゲ系列は要請されたと思える。マガキガイ、アラスジケマンは、トカゲとカイの融合として、カニとみなされたのではないだろうか。

 この表から分かる限り、それぞれの貝が、主にどのトーテムを背景に持つか、列記しておく。

 オキナワヤマタニシ:苧麻、ヘビ
 キクザル類:カイ、ヘビ、トカゲ  
 ヤコウガイ:ヘビ、カイ
 メンガイ類:カイ、トカゲ、ヘビ
 シャコガイ:カニ、サンゴ礁、苧麻、トカゲ、ヘビ
 チョウセンサザエ:カニ、サンゴ礁、苧麻、貝、トカゲ、ヘビ
 アラスジケマン:カニ、サンゴ礁、苧麻、貝、トカゲ、ヘビ

『琉球列島先史・原史時代における環境と文化の変遷に関する実証的研究: 研究論文集』

|

« 伊是名島貝ブロックの貝類 | トップページ | 名蔵貝塚の位相 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/66094051

この記事へのトラックバック一覧です: トーテム貝の累積:

« 伊是名島貝ブロックの貝類 | トップページ | 名蔵貝塚の位相 »