« 貝塚時代後2期のヤドカリ貝 | トップページ | 安良川遺跡のオカヤドカリピット »

2018/03/11

貝塚時代後2期後半のヤドカリ貝

 続いて、「ナガラ原東貝塚の貝類遺体」(黒住耐二)から、後2期後半の貝類を集計してみる。

2_2

 後2期後半にきて、シラナミ類が優勢を極めている。ここへ来て、もともとの貝トーテムの本体になるのは、イノー=胞衣の思考が育ち続けたことを意味るのではないだろうか。

 ぼくたちが典型的なヤドカリ貝と見なしたコオニコブシは、WS資料では優勢を保っている。

 また、カニトーテムのときに優勢を示したリュウキュウヒバリ、ミドリアオリ、イシダタミアオマブネは、まだ勢いを保っている。これは、蟹貝から、ヤドカリ貝への意味の転換が行われたことを示しているように見える。

 

|

« 貝塚時代後2期のヤドカリ貝 | トップページ | 安良川遺跡のオカヤドカリピット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/66077854

この記事へのトラックバック一覧です: 貝塚時代後2期後半のヤドカリ貝:

« 貝塚時代後2期のヤドカリ貝 | トップページ | 安良川遺跡のオカヤドカリピット »