« 蟹の化身貝の系譜 | トップページ | 貝塚時代後2期のヤドカリ貝 »

2018/03/09

貝塚時代後1期のカニ貝

 「ナガラ原東貝塚の貝類遺体」(黒住耐二)から、後1期の貝類を集計してみる。

1

 後1期でも大当式土器の段階だから、後半に位置している。

 マガキガイとチョウセンサザエが優勢なのは、前5期から継続しているものだ。後1期の後半でも、これらが優勢なのは、サンゴ礁トーテムの後に、胞衣という思考が発生しているからだと思える。これは、後2期までつづく。胞衣という思考は、シラナミ類が上位にあることにも現れている。

 カニ・トーテムとしてのこの段階をもっともよく象徴するのは、シラクモガイやツノレイシだ。これは、カニ・トーテムが干瀬蟹の段階に入っていることも示している。

 ただ、干瀬蟹の化身態であれば、ハナマルユキがふさわしいと思えるが、数では優勢ではない。シラクモガイやツノレイシを、ぼくたちは、ツノメガニの化身貝だとみなしている。ツノメガニは浜辺に棲息するのであれば、砂地と干瀬は本質的には区別されていないことを意味している。岸(砂浜・岩場)=干瀬なのだ。

 後1期の貝のランキングから見る限りで、蟹トーテムの化身貝を挙げてみると、

 ミナミオカガニ - オキナワヤマタニシ、バンダナマイマイ、オキナワウスカワマイマイ
 ミナミスナガニ - ハナビラダカラ
 ツノメガニ - シラクモガイ、ツノレイシ(干瀬)、キヌカツギイモ
 ベニシオマネキ - シレナシジミ
 カノコオウギガニ - ハナマルユキ

 が想定される。

 だが、これらよりもっとも普遍的なのは、ミドリアオリ、リュウキュウヒバリ、イシダタミアオマブネだ。これらはどれも、岩(貝)への化身態として特別なのではないだろうか。

 

|

« 蟹の化身貝の系譜 | トップページ | 貝塚時代後2期のヤドカリ貝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/66075733

この記事へのトラックバック一覧です: 貝塚時代後1期のカニ貝:

« 蟹の化身貝の系譜 | トップページ | 貝塚時代後2期のヤドカリ貝 »