« 石垣島名蔵貝塚の貝 | トップページ | トーテム貝の系譜 »

2018/02/28

ナガラ原東貝塚の小型貝類

 ナガラ原東貝塚の小型貝の出土推移を見てみる(黒住耐二「ナガラ原東貝塚の貝類遺体」)。

Photo_3

 ほんとはPU法とWS法で出た数を加算してもいけなわけだが、おおまかな傾向を見るために乱暴にしている。

 Ⅲ層、Ⅳ層は後2期で、Ⅲ層のほうが新しい。Ⅴ層は後1期。

 後1期 ミドリアオリ
 後2期 ミドリアオリ→イシダタミアマオブネ

 と読み取れる。これらは蟹もヤドカリも示すので、複合して現れている。だが、ヤドカリをもっとも象徴するとしたら、イシダタミアマオブネを挙げるのがよさそうだ。


|

« 石垣島名蔵貝塚の貝 | トップページ | トーテム貝の系譜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/66060690

この記事へのトラックバック一覧です: ナガラ原東貝塚の小型貝類:

« 石垣島名蔵貝塚の貝 | トップページ | トーテム貝の系譜 »