« 無土器期石器と蟹トーテム | トップページ | 北琉球トカゲトーテム段階の遊動 »

2018/01/24

北琉球前2~3期の貝製品

 北琉球の貝塚時代前2期、前3期のどこで貝製品が出現するかを見てみたい。

前2期

 十島村大池遺跡A地点:オオツタノハ製貝輪、貝製小玉、ヤコウガイ製貝匙、螺蓋製敲打器
 伊礼原遺跡:ツノガイ製玉類、タカラガイ科製品
 大堂原貝塚:シレナシジミ製貝輪、ゴホウラ製貝輪

前2~3期

 沖永良部島神野貝塚:円盤状貝製品、貝製小玉、貝匙、螺蓋製敲打器、貝製刀器

 やはり、北琉球でも、前3期の貝トーテムに先立ち、前2期に貝製品は出現している。


『琉球列島先史・原史時代における環境と文化の変遷に関する実証的研究研究論文集 第1集 琉球列島の土器・石器・貝製品・骨製品文化』

|

« 無土器期石器と蟹トーテム | トップページ | 北琉球トカゲトーテム段階の遊動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/65987023

この記事へのトラックバック一覧です: 北琉球前2~3期の貝製品:

« 無土器期石器と蟹トーテム | トップページ | 北琉球トカゲトーテム段階の遊動 »