« 前4期土器とカラムシ | トップページ | 「多良間島の洞穴性および陸性十脚甲殻類」(藤田喜久、砂川博秋) »

2017/12/11

「チョウセンサザエ・ヤコウガイの放流再捕事例」(大城信弘)

 1998年に放流されたたチョウセンサザエ、ヤコウガイを、おそらく2008年ころに再捕した資料(「チョウセンサザエ・ヤコウガイの放流再捕事例」大城信弘)。

 大宜味地先の放流では、「少数ではあるが、ヤドカリや空殻も得られた」。チョウセンサザエも宿貝たりえるわけだ。

 放流は、「を元々チョウセンサザエの多いリーフエッジの約100m間に夜間に泳ぎながら散布」されている。つまり、ゴホウラやヤコウガイのヤドカリと出会う際、チョウセンサザエのヤドカリとも出会っていたということだ。


|

« 前4期土器とカラムシ | トップページ | 「多良間島の洞穴性および陸性十脚甲殻類」(藤田喜久、砂川博秋) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「チョウセンサザエ・ヤコウガイの放流再捕事例」(大城信弘):

« 前4期土器とカラムシ | トップページ | 「多良間島の洞穴性および陸性十脚甲殻類」(藤田喜久、砂川博秋) »