« 仲原式土器とミナミオカガニ | トップページ | 浜屋原式土器とベニシオマネキ »

2017/12/31

大当原式土器とムラサキヒメオウギガニ

 無文尖底の最終段階とされている大当原式土器。たとえば、津堅貝塚から出土した土器がある。

3
(「沖縄考古学ニュース - 沖縄県立博物館・美術館」2009)

2_2

 大当原式土器は、オウギガニがモチーフになっていると考えられるが、津堅貝塚のこれはムラサキヒメオウギガニ(メス)だと思う。口縁部につけられた帯は、甲の隆起にそっくりだし、色合いもまさに、と感じさせる。

 参照:ムラサキヒメオウギガニ(メス)

 


|

« 仲原式土器とミナミオカガニ | トップページ | 浜屋原式土器とベニシオマネキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/65957449

この記事へのトラックバック一覧です: 大当原式土器とムラサキヒメオウギガニ:

« 仲原式土器とミナミオカガニ | トップページ | 浜屋原式土器とベニシオマネキ »