« モクズガニの腹節 | トップページ | 後1期土器のカニ・シルエット »

2017/12/22

蟹の腹節 3

 迷走気味になってきたので、蟹の名称と科を確認する。

 ミナミコメツキガニ(ミナミコメツキガニ科) 河口の砂泥地
 モクズガニ(イワガニ科) 河川の上流から河口、内湾の転石の下
 ハマガニ(イワガニ科) 河口の草の生えた泥地
 ベニシオマネキ(スナガニ科) 河口のやや小石の混じるような泥地
 コメツキガニ(スナガニ科) 内湾や河口の干潟
 ツノメガニ(スナガニ科) 砂浜の高潮線上
 ミナミスナガニ(スナガニ科) 砂浜の高潮線上

 オカガニ(オカガニ科) 海岸に近い草地や田畑
 カノコオウギガニ(オウギカニ科) 低潮線付近のサンゴ礁のリーフの外縁

3

 改めて仮説すると、後1期の土器変遷は、

オカガニ

スナガニ
・シオマネキ、コメツキガニ、ツノメガニ等
 参照:「ホンコンシオマネキ (Northern Calling Fiddler Crab)」
 参照:「ハクセンンシオマネキ」(「ハクセンシオマネキ (Milky Fiddler Crab)」)

イワガニ
・モクズガニ、ハマガニ等
 参照:「モクズガニ」
 参照:「ハマガニ」(「umimame 海を旅する豆」)。
 参照:「カクレイワガニ」(「MIRACLE NATURE@奄美大島の自然」)

オウギガニ
・カノコオウギガニ

 としてみる。

 

|

« モクズガニの腹節 | トップページ | 後1期土器のカニ・シルエット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蟹の腹節 3:

« モクズガニの腹節 | トップページ | 後1期土器のカニ・シルエット »