« 先島の螺旋運動 2 | トップページ | 先島の螺旋運動 3 »

2017/11/08

立地とトーテム

 粗雑な整理だが、下田原期、無土器期の立地を確かめてみる。

Photo_2

 ここでやってみようとしているのは、キャンプ地・集落(シマ)立地は、トーテム生息地に似せる、ということだ。

 目安として、

 赤土台地:トカゲ
 台地に囲まれた砂丘:貝
 砂丘:蟹

 に対応させている。貝は台地上にもありえるはずである。他に、貝については、より詳細に見ていく必要がある。

 これによれば、下田原期はトカゲ、無土器期は、宮古で貝、八重山で蟹トーテムが展開されたと見なせる。

|

« 先島の螺旋運動 2 | トップページ | 先島の螺旋運動 3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立地とトーテム:

« 先島の螺旋運動 2 | トップページ | 先島の螺旋運動 3 »