« 「放射性炭素年代から見た琉球列島における考古学的時期区分の現状と課題」(名島弥生) | トップページ | 「沖縄県伊是名村 具志川島遺跡群発掘調査概要報告書」 »

2017/11/18

長墓遺跡の他界

 宮古島の長墓遺跡の雰囲気はここでなんとなく分かる。(参照:「3a. 恐怖!謎の白骨洞穴発見!!宮古島の密林に古代人の墓は実在した!!」)。

 マーク・ハドソンによると、ここから「人骨」も出土している。年代は、Cal BP年代で、3350-3175 のものがある。この段階では、他界が発生していても不思議ではない。まだ、未出土のものもあるはずだ(「先島諸島における先史時代のヒトと生態史-宮古島長墓遺跡を中心に」)。

 他界発生以降、長墓の島人がみた「あの世」は大神島ということになる。

Photo_7


『琉球列島先史・原史時代における環境と文化の変遷に関する実証的研究研究論文集 第1集 琉球列島の土器・石器・貝製品・骨製品文化』

 


|

« 「放射性炭素年代から見た琉球列島における考古学的時期区分の現状と課題」(名島弥生) | トップページ | 「沖縄県伊是名村 具志川島遺跡群発掘調査概要報告書」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/65889694

この記事へのトラックバック一覧です: 長墓遺跡の他界:

« 「放射性炭素年代から見た琉球列島における考古学的時期区分の現状と課題」(名島弥生) | トップページ | 「沖縄県伊是名村 具志川島遺跡群発掘調査概要報告書」 »