« 「宮古・八重山諸島先史時代における文化形成の解明」(山極海嗣) 4 | トップページ | 北琉球と南琉球の照応 2 »

2017/11/01

北琉球と南琉球の照応

 北琉球と南琉球では、時間的な段階は、前3期と下田原期、前5期と無土器期が近接している。これは、サンゴ礁の発達を根拠にしているとみなせる。

 しかし、これを島人のトーテムの段階とみなせば、下田原期は前2期と、無土器期は前3期に似ていると言える。トカゲと貝、だ。

Photo


|

« 「宮古・八重山諸島先史時代における文化形成の解明」(山極海嗣) 4 | トップページ | 北琉球と南琉球の照応 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北琉球と南琉球の照応:

« 「宮古・八重山諸島先史時代における文化形成の解明」(山極海嗣) 4 | トップページ | 北琉球と南琉球の照応 2 »