« 肥厚口縁系土器の奄美先行 | トップページ | 津堅貝塚の土器群 »

2017/11/28

伊礼原遺跡の土器群

 伊礼原遺跡の土器群がすばらしい。遺跡は北谷にある。

Photo
(「沖縄考古学ニュース - 沖縄県立博物館・美術館」2009)

 「爪形文」はその長さを想像させる。室川下層式は、「条痕文系」に位置づけられる。

 面縄前庭式は、「隆帯文」系。頚部のくびれと胴部の張りがすごい。貝の産出力が強調されている。

 荻堂式は、「点刻線文」系。口縁部の突起と「赤」が目に入る。この赤は、蝶形骨器の赤と同じ意味を持つと思える。

 面縄東洞式は、「籠目文」系。口縁部の押し引き文がすごい。

 大当原式は、「無文尖底」系。口径の広がりが特徴的だ。フェンサ下層式は、「くびれ平底」系。

|

« 肥厚口縁系土器の奄美先行 | トップページ | 津堅貝塚の土器群 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/65906422

この記事へのトラックバック一覧です: 伊礼原遺跡の土器群:

« 肥厚口縁系土器の奄美先行 | トップページ | 津堅貝塚の土器群 »