« 「リモートセンシングによる石垣島サンゴ礁形成史の地域差推定」(小林竜太、山口徹、 山野博哉) | トップページ | 先島の螺旋運動 2 »

2017/11/06

北琉球と南琉球の照応 3

 時間的に下田原期に呼応するのは、前3期。無土器期は、宮古で前5期、八重山で後1期になる。

 これをトーテムの思考としてみれば、下田原期は前2期に呼応する。無土器期は、宮古は前3期に呼応し、八重山は後1期に呼応する。

3

 ただ、宮古のトーテム思考は、前5期のサンゴ礁=貝の段階と照応させるのがいいのかもしれない。八重山の無土器期の時期を考慮すると、すでに蟹トーテムである可能性もある。すると、貝斧がつくられなかったこととの関係も示唆することが可能になる。


|

« 「リモートセンシングによる石垣島サンゴ礁形成史の地域差推定」(小林竜太、山口徹、 山野博哉) | トップページ | 先島の螺旋運動 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北琉球と南琉球の照応 3:

« 「リモートセンシングによる石垣島サンゴ礁形成史の地域差推定」(小林竜太、山口徹、 山野博哉) | トップページ | 先島の螺旋運動 2 »