« 北琉球と南琉球の照応 3 | トップページ | 立地とトーテム »

2017/11/07

先島の螺旋運動 2

 いまのところ、これが何を意味するのか問われても困るのだが、「先島の螺旋運動」を更新しておく。

Photo

 ここでイメージしようとしているのは、宮古、八重山の思考の段階は、螺旋を描くような地理的分布によって示されるのではないかということだ。可能性としては、ここに、トカゲ、貝、蟹、アマンまでのトーテム変遷が内包される。

|

« 北琉球と南琉球の照応 3 | トップページ | 立地とトーテム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先島の螺旋運動 2:

« 北琉球と南琉球の照応 3 | トップページ | 立地とトーテム »