« 北琉球と南琉球の照応 | トップページ | 「宮古・八重山諸島先史時代における文化形成の解明」(山極海嗣) 5 »

2017/11/02

北琉球と南琉球の照応 2

 「サンゴ礁研究からみる琉球弧の地史と完新世景観史研究の射程」には、こうある(『石垣島の景観史研究 : 名蔵地区の浅層ボーリングと低地発掘調査1』山口徹、小林竜太 編)。

 放射性炭素年代には制約が多く、それぞれの時間幅を確定するのは難しいが、「信頼性の高い炭化物・植物遺存体試料に由来する限られた年代値を採用すると、下田原期は4850-3640cal.yBP、無土器期は1880-930cal.yBPとなる」。

 とくに、無土器期の開始については、放射性炭素年代測定との開きが大きいようだ。そこで、「北琉球と南琉球の照応 1」を更新する。

2

 島人の思考にとって何が問題になるかといえば、無土器期の島人が貝をトーテムとしていたとして、それが、サンゴ礁=貝という認識、あるいは蟹トーテムまで及んでいたかどうかということだ。

 考古学やサンゴ礁学のあいだで、これだけの幅があるとなると、貝塚の立地からアプローチするのが有効なのかもしれない。

|

« 北琉球と南琉球の照応 | トップページ | 「宮古・八重山諸島先史時代における文化形成の解明」(山極海嗣) 5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北琉球と南琉球の照応 2:

« 北琉球と南琉球の照応 | トップページ | 「宮古・八重山諸島先史時代における文化形成の解明」(山極海嗣) 5 »