« 編年の近接 | トップページ | 「先島諸島における先史時代のヒトと生態史」(マーク・ハドソン) »

2017/10/26

白保竿根田原洞穴遺跡の崖葬墓

 再度、片桐千亜紀の「琉球列島における先史時代の崖葬墓」を見てみる。

Photo

 今回の関心は一点のみで、宮古、八重山の先史時代の「崖葬墓」の存在だ。片桐によればそれはひとつだけ確認されていて、「白保竿根田原洞穴遺跡」とされている。ここは近年、旧石器時代の人骨も発掘されているから、それとは区別されなければならない。

 資料では、3970BPとされ、下田原期に当たる。そして「再葬・集骨」とされている。
 
 片桐は「崖葬墓」は、「前4期から後期後半」まで続くとされている。ということは、「白保竿根田原洞穴遺跡」は、それよりやや早い時期だということになる。

 片桐は、「再葬・集骨」は「崖葬墓」の「基本になっている」としている。

 ぼくたちは、この葬法は、死と再生にかかわっていると捉えてきた。この遺跡の「再葬・集骨」が確かだとすると、下田原期の後半には、石垣島の生死に関する思考は、北琉球と同期していることになる。

|

« 編年の近接 | トップページ | 「先島諸島における先史時代のヒトと生態史」(マーク・ハドソン) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白保竿根田原洞穴遺跡の崖葬墓:

« 編年の近接 | トップページ | 「先島諸島における先史時代のヒトと生態史」(マーク・ハドソン) »