« ヤドカリ・トーテムの発生とゴホウラ | トップページ | くびれ平底系土器とヤドカリ »

2017/10/07

「境界紀行(六・七)水俣 たましいの行方をさがして」(谷川ゆに)

 その土地をまるごと損なってしまうような災厄に見舞われると、語られること考えられることは、その問題に集約されてしまい、それ以前の美しさや豊かさは、回復されるべきこととして言挙げされるものの、それが深められることは無くなってしまう。ぼくたちはそういう光景をそこかしこで見てきているのではないだろうか。

 今回の「境界紀行」は、「水俣病の水俣」ではなく、「水俣病より大きい水俣」という叔父谷川健一の言葉を実際に感じるべく書かれている。

 谷川ゆにがそこで出会うのは、いまも生き生きと語り継がれる河童の伝承であり、その河童を支える「水」の存在だ。河童は川をつたい、川のもとにある水源はこの世ならぬ「水の空間」だった。

 谷川は琉球弧で、水が「人の生と死に大きく関わる霊的なもの」として捉えられていることを思い出し、書いている。

天から降り注ぎ、地からも湧出する水は、めにみえない(この世ならぬ)場所から、こちら側に生まれ出てくる。そしてまた空へと上がり、地下へ染み込み、あちら側(あの世)へと向かう。その循環が、人間の魂の、生と死の往来と重なって感覚されることがあるのではないでしょうか。

 この感覚は、都会育ちの谷川が生まれて初めて「ふるさと」の意味を伝えた水俣から感じゆされるものの奥に控えているものかもしれなかった。

 谷川の視線は山だけでなく海にも向けられる。すると、すぐ近くに恋路島が見える。

 伯父の谷川健一は、身近な小さな島がかつては「あの世」だったことを幻視した人だった。そのことを引きながら、姪は恋路島に、不知火海に浮かぶ小さな島々に「目に見える身近なあの世」を幻視するのだ。

やはり人は、茫漠とした「死後の世界」ではなく、懐かしい「ふるさと」であるところの「あの世」に還って行きたいのではないでしょうか。母のような温かい存在に、自分の魂を優しく受け止めてほしい。小さい島の一つ一つが、どこか感情をもった生命体のような雰囲気を醸し出しているのも、人間にとっての「あの世」たりうる条件を備えているということなのかもしれません。

 谷川は、水俣あるいは不知火海に「湧き出す豊かな自然な力と、人間の生自体が有機的につながる風景」を見ている。それは、「水俣病より大きい水俣」の姿のひとつにちがいない。

 しかし、谷川はそれを幻視しても苦しい立場に立とうとしている。「水俣病」を脇に置くことはできない。

つまり、人間が生きることにともなって必然化され続ける破壊や均質化と、その一方で繊細に自然と結ばれなければ生きられない人間本来のありよう、その矛盾の中に、自分をどう立たせてゆくのかということです。それはとてもハードな問題で、正解への糸口など簡単には見つからないように思える。

 それでも、ここで踏みとどまっている。

時代が進むにつれて本来あったはずのものが消えてゆく喪失感はあるのですが、それと同じくらい、私の身体にひっそりと宿る古代が、思いがけず賦活されていくような感覚がある。失われ続ける荒野に生きる自分の中にこそ、青葉が芽吹いてくる。

 著者は苦しんでこれを書いている。ものごとにはくぐり抜け方がある。さっと通り過ぎることもできるだろう。けれど谷川はそうしない。そこに生まれざるをえない抵抗を一身に浴びて発生する熱量を引き受けようとしている。そこに「水俣病より大きい水俣」が貌を出す。いつもそうだが、今回はとくに「はじまりのはじまり」というべき胎動を送って寄越すようだった。


09


10


|

« ヤドカリ・トーテムの発生とゴホウラ | トップページ | くびれ平底系土器とヤドカリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/65880159

この記事へのトラックバック一覧です: 「境界紀行(六・七)水俣 たましいの行方をさがして」(谷川ゆに):

« ヤドカリ・トーテムの発生とゴホウラ | トップページ | くびれ平底系土器とヤドカリ »