« 「南西諸島における神観念・世界観の再考察」(クライナー) | トップページ | 「山に登るオオハマボウ--海洋島の植生変化と人間居住」(近森正) »

2017/09/02

『太陽の花』(横塚眞己人)

 見たかったのは、オレンジ色になり、海に散ったユウナ(オオハマボウ)の花だ。この先、花びらは熱帯魚に化身する。

 その神話空間を描いてみたいのが、この先やりたいことのひとつになる。

 この花が「世の始まり」からあったと言われるのは、サンゴ礁=貝と同位相のものとして、人間に先立つものの系譜にあったからだと思える。

Photo

 
『太陽の花』


|

« 「南西諸島における神観念・世界観の再考察」(クライナー) | トップページ | 「山に登るオオハマボウ--海洋島の植生変化と人間居住」(近森正) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/65722008

この記事へのトラックバック一覧です: 『太陽の花』(横塚眞己人):

« 「南西諸島における神観念・世界観の再考察」(クライナー) | トップページ | 「山に登るオオハマボウ--海洋島の植生変化と人間居住」(近森正) »