« 『プロカウンセラーの共感の技術』(杉原保史)2 | トップページ | 「琉球列島における貝殻施文土器の研究」(横尾昌樹) »

2017/09/08

「貝塚時代前4期沖縄諸島の土器様相」(亀島慎吾)

 まったくと言っていいほど、用語とイメージが結びつかないひとつが土器なので、亀島慎吾の論考(「貝塚時代前4期沖縄諸島の土器様相」「鹿児島考古」2017.7)を頼りに、画像と対応させてみる。

 貝塚時代前4期に位置づけられるのは、仲泊式、面縄東洞式、嘉徳Ⅰ式、嘉徳Ⅱ式、伊波式、荻堂式、大山式、室川式が編年体系に組み込まれる。


1.仲泊式土器

・口縁部は平口縁と波状口縁で肥厚する。胴部が張り、尖底器形。
・文様は口縁部肥厚部と胴上部。口縁部肥厚帯の文様は貝殻文もしくは斜沈線文。胴上部はは斜沈線文。

Photo

2.伊波式土器

・口縁部は波状口縁、胴部がわずかに張り、底部の形態は平底。
・口縁部径が胴部径より大きくなる特徴
・口縁部にさまざまな文様

Photo_2

3.荻堂式土器

・口縁部は波状口縁、山形突起の部分に瘤のあるものがある。胴部が張り、底部形態は平底。
・胴部径が口縁部径を上回る傾向。

Photo_3

4.大山式土器

・口縁部は平口縁が主体。胴部がわずかに貼るが、口縁部径と胴部径が同じであることが多い。
・底部形態は平底。
・口縁部に押捺刻文。

Photo_5

Photo_6

5.カヤウチバンタ式土器

Photo_4

6.室川式土器

・2cmの幅広い口縁部、底系3~5cmの平底で明るい色調。
・主体が平底・平口縁の深鉢形、若干の壺形。


 亀島は、「伊波式大山式への変遷」は共通理解になっていると指摘している。

 
 貝塚時代前4期は、トーテムと島人の思考からいえば、「貝」トーテムの段階に入る。土器に反映される可能性があるのは、貝と蝶だ。

|

« 『プロカウンセラーの共感の技術』(杉原保史)2 | トップページ | 「琉球列島における貝殻施文土器の研究」(横尾昌樹) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/65752985

この記事へのトラックバック一覧です: 「貝塚時代前4期沖縄諸島の土器様相」(亀島慎吾):

« 『プロカウンセラーの共感の技術』(杉原保史)2 | トップページ | 「琉球列島における貝殻施文土器の研究」(横尾昌樹) »